\ フォローしてね /

【デジイチ入門】ISO感度について(動画あり)

このライフレシピのもくじたたむ

光が少ないシチュエーションでシャッタースピードを落として撮影すると、手ブレや被写体ブレを起こしてしまうことがあります。

シャッタースピードを落とさずに明るく撮影したい!そんなときにISO感度を設定を変えて撮影する方法を紹介します。

動画でみる

テキストでみる

ISO感度とは

ISO感度とは、簡単にいうと、どの程度弱い光まで記録できるかを表した数値です。ISO感度を高く設定することで、シャッタースピードや絞りを変えることなく、写真をより明るく写すことが可能になります。

ISO感度が低い写真

ISO感度を低く設定して撮影した写真です。光量が足りず、被写体がほとんど写っていません。

ISO感度を高く設定して撮影する

デジイチのISO感度を高く設定します。

ISO感度を高く設定することで、シャッタースピードと絞りを変えることなく、明るい写真を撮影することができました。

ISO感度を上げすぎると・・・

ISO感度をデジイチの限界まで高く設定して撮影してみます。

ISO感度を上げすぎると、ザラザラと粒子感が目立ち、画質が劣化した写真になってしまいます。

常用ISO感度は、デジイチの最大感度の半分が目安です。(ISO6400のデジイチならばISO3200が実用範囲です。)

おわりに

基本的にISO感度は、低く設定するほうが画質がよくなります。ISO感度、シャッタースピード、絞り、それぞれのバランスを表現に合わせて設定することで、イメージに近い写真に仕上げることができます。

いろいろな数値を試して感覚を身につけましょう!

本記事は、ITmedia デジカメプラスの企画協力のもとに執筆されています。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。