生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon wedding結婚

  1.  
  2.  
  3.  
  4. これから結婚する人に知っておいてほしい5つのこと

これから結婚する人に知っておいてほしい5つのこと

2012年07月18日作成

 views

お気に入り

結婚というのは、実に不思議な制度です。男女が恋愛関係になって(あるいはお見合いで出会って)、夫婦になってひとつ屋根の下に住むわけで、先に言っておきますが、ケンカや軋轢が全くない、ということはありえません。

いくら恋愛関係においては一度もケンカをしたことがなくても、です。私(男性)は結婚して10年目ですが、「こんなことで言い争いになるとは」と思うようなことも少なくありません。

今回は結婚を控えた方に向けて、夫婦生活の心構えをご紹介します。ちょっと辛口かもしれませんが、参考にしてみてください。

目次

1.習慣はすぐには変わりません

結婚すると、まず、生活上のこまごまとしたルール・習慣の違いが明らかになってきます。特に食事面は違いが目立つ部分です。

我が家の場合、私は夕食にはたいてい米飯(しかも白飯)を食べていたのですが、妻はお酒を飲む一家で育ったせいか、米飯を食べる習慣がないと言うのです。だから、最初の頃は「なぜ夕食にご飯がないのか?」と、不満に思っていました。

正直、どうでも良いと思う方もいるでしょう。でも、こういう細かなルールや習慣の違いが、ありとあらゆる所で顔を出すのです。こういうちょっとした違いが気になって、言い争いに発展してしまったりするんです。

2.結婚生活にケンカはつきもの

「付き合っている時は、全くと言って良いほどケンカしなかったから、結婚してもケンカしない夫婦になると思う」という話を結婚前に聞くことがありますが、99%そうはいかないと思ったほうが良いでしょう。何しろ、うちもそうでしたから。

夫婦である前に一人の人間であるわけですから、自分の大好きなものを相手が好かないケースもたくさんあります。特に難しいのが人間関係で、自分が大変お世話になった先輩を妻に会わせた時、どうしてもあの人は好きになれそうにないと言われてカッとなり、ケンカになったこともあります。

ケンカの言い分は「どっちもどっち」ということがほとんどです。こちらの主張を通すことが必ずしも良いとは限りません。すぐには無理かもしれませんが、ケンカをしたら、こちらから折れて謝ると、自分の中で決めてしまうのはどうでしょう。こう決めてしまえば、「向こうが悪いのに謝ってこない!」とイライラすることもありません。

3.お互いの自由な時間を尊重しましょう

結婚したら、ずっと一緒にいなくてはいけない、ということはありません。むしろ、お互いに女同士だけで出かけたり、男だけで飲みに行ったりという時間を意識的に作ることが、夫婦生活を円満に送るコツです。

いくら好き同士で結婚しても、長い間一緒にいると嫌な部分が見えてきたり、ちょっとしたクセが妙に気になったり、後は単純に飽きてきます。これはヒドい言い方かもしれませんが、パートナーとだけ話をしていると、どうしても会話のネタが尽きてくるし、展開も似たり寄ったりになりがち。

こうしたことが自然にできる夫婦であれば問題ありませんが、そうでなければ毎月1回、土曜日などを「自由時間」に設定して、一人で過ごすもよし、友だちと出かけるもよし、としてみるのも手です。

4.パートナーの両親は大切に

いくら気が合わなくても、いくら心から好きになれなくても構いませんから、表面上はお互いの両親と良好な関係を築いておきましょう。それから、パートナーの前でパートナーの両親の悪口は絶対に禁句です。

考えてみてください。あなたにとっては気の合わないただのオジサン(あるいはオバサン)でも、あなたのパートナーにとっては大切な家族であり、両親です。あなたが誰かから両親に対してあからさまに悪い態度をとられたり、悪口をいわれたらどうでしょう。それが自分のパートナーであればなおさらです。

嫁・姑問題というのは、夫の立場からすると本当にストレスです。どちらの味方もできませんから、手の打ちようがないのです。ですから、ここはひとつ、嫁(もちろん夫側も)が折れて、相手の両親を立てるというスタンスで臨んだほうが良いです。相手のほうがこの世を長く生きている先輩なのですから、いくら気が合わなくても、そういう気持ちで接してみてあげてください。

5.結婚はバラ色じゃない

ここまで読んでいただければ分かると思いますが、結婚生活は決して100%ステキなものではありません。むしろ半分くらいは我慢や遠慮が必要な生活です。考えてみれば、生まれたときは赤の他人と、家族として生きていくわけですから、何から何までハッピー、とはなかなかいきません。

生まれて、物心付いた頃から一緒に暮らしている家族と違って、ある程度生活スタイルが確立した大人同士が家族となっていくわけですから、意見が合わなかったり、思っていることが伝わらなかったりということが多々あります。でも、それを乗り越えないと、家族にはならないのです。

人によるかも知れませんが、結婚すると人間としてのバランス感覚が身に付くように感じます。自分本位だけでは上手くいきませんが、自分を押し殺してばかりでも息が詰まって辛くなります。自分を出す所と、抑えるところのバランスを考えると、結婚生活が上手く行くと思います。

結婚って大変、だけど・・・

いかがでしたか。結婚って大変そうだな、と思われてしまったでしょうか。でも、結婚生活が長くなればなるほど、お互いに対して「家族」という意識は強くなって、恋愛関係では得られない絆の確かさを感じられるのもまた事実です。

困難の先には、きっと幸せが待ってます。頑張ってくださいね。

(image by amanaimages)

この記事で使われている画像一覧

  • Cef3e237 1e09 4105 af28 90f93cfc5a40

本記事は、2012年07月18日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る