生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon moneyマネー

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 初心者にも安心!外貨MMFお薦めポイント

初心者にも安心!外貨MMFお薦めポイント

2012年07月13日作成

 views

お気に入り

目次

はじめに

低金利時代が続いていて、普通に貯金していても悲しいくらいに増えませんね。普通預金はたんす預金と変わらないし、定期預金でもあまり差はありませんね。

そこで注目されているのが外貨預金。金利が日本より高いことや、為替差益を考えると外貨に興味が出てきます。ただリスク為替の知識の有無などを考えると躊躇してしまう面もありますね。

そこで今回は初心者でも大きく失敗しない外貨MMFのお薦めポイントを紹介します

外貨MMFとは?

正式には「外貨建てマネー・マーケット・ファンド」、つまり銀行の商品ではなくて投資信託の一種。投資商品と言うと株などリスクのあるものをイメージしますが、これはとても安全性の高いものと言えます。

投資対象は高格付けで安全性の高い国債や社債で、元本割れをする可能性はゼロに近く過去の運用実績も優秀なものです。

買い方

投資商品なので証券会社や一部の大手銀行で取り扱っています。証券会社の場合は口座を作り、銀行の普通預金に当たるMRFを買っておくといつでもスタートできます。

取り扱う外貨の最低取引単位によって違いますが、だいたい日本円で1万円くらいから購入できます。土日以外なら自由に解約もできます。

お薦めポイント

1:長期でじっくり増やせる

外貨で今人気のあるFXは短期売買で為替差益を狙うもので、常に1円未満の為替の値動きをチェックしておかなければいけません。これは為替変動に敏感な人でなければ難しいものです。

MMFは安全性が高いので長期で考えられる商品。小さな値動きで利益を得ると言うよりは、1円単位で見ていくゆるさでも大丈夫。売買する時の為替レートも1日に1回くらいなのであわてなくて済みます。

2:利回りが高い

証券会社で扱う通貨は色々ですが、メジャーな国のもの例えば米ドル、豪ドル、ニュージーランドドル、カナダドル、ユーロ、ランド等があります。利回りも様々ですが、日本の預金利率と比べると高いことがわかります。

この利回りは確定ではなく運用実績によるもので変動します。

3:配当は自動的に再投資

MMFは月末に配当がおこなわれ、それが自動的に再投資されていくしくみです。ですから何もしなくても自動的に少しずつ買い増していくような状態で増えるわけです。

4:手数料が低い

よくMMFは外貨預金と比較されるのですが、何と言っても手数料の低さはメリット。手数料は外貨預金では日本円から米ドルを買う時に1円、それを売る時にも1円と往復で2円かかるところもあります。

MMFは金融機関や外貨の種類で違いますが、往復で50銭、高い場合も2円はかかりません。外貨取引では利回りでプラスになっても手数料でマイナスになるということもあり得ます。その点でもMMFの方がお薦めです。

ネット証券会社は手数料を低くしているところが多いので比較検討することをお薦めします。比較サイト例→外貨MMFの基礎知識

5:為替差益を狙える

世界情勢、経済動向は日々変わります。為替の変動によってリスクが生じるのは忘れてはいけません。逆に言えば上手く利用することで、為替差益で得することが可能なのです。これは銀行の預金では無理なことですね。

1日で動く為替レートにはついていけなくても、ニュースになるほどの大きな情勢なら気がつくし、自分が買うとなれば絶対レートには意識がいくものです。

比較的強いとされあまり大きく変動しない豪ドルでも、レートの動きを見ると数カ月で5円くらいの動きはよくあります。つまり手数料で80銭かかったとしても3円以上の差益があるということになりますね。もちろん円高で買って円安で売るケースですが。

まずここから始めよう

外貨に興味が出たら、まずは毎日1回でも良いのでレートを確認してみましょう。1月くらい見ていればどのくらいの動き幅があるのかわかるので、自分で買うタイミングを見つけることができます。

レートは金融機関のホームページや新聞などでも見られます。こちらも参照→YAHOOファイナンス

今買いたいと思っても、口座がなければ始まりませんから証券会社に口座があって、ある程度の資金を用意しておくことも必要ですね。

慣れないうちは少額で取引を始めた方が失敗がなくていですね。手数料のこともありますが、複数の通貨に分散する方法もあります。

自分で決めた差益が生じた場合は解約して、また円高のタイミングで買うというやり方にすればリスクは生じません。

参考

本記事の情報は次のサイトを参考にしています。
- 外貨MMF投資ガイド
- 外貨MMFで得する買い方ガイド
- 楽天証券

おわりに

いかがでしたか。筆者は投資に関してはまだ初心者ですが、外貨MMFでは長い目で見ているので損はしていません。あの時売れば良かったなと思うこともありますが、そのうちまた円安になりますのでそれまで待てばまた利益ができます。

投資は自己責任ですから、絶対ということはありません。余裕を持って、損しても大丈夫という金額でチャレンジしてみて下さいね。

(Photo by 足成)

この記事で使われている画像一覧

  • 20120709113838 4ffa442ecabfa

本記事は、2012年07月13日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る