生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3. 当たりやすいものは?懸賞で「当選」を狙うポイント

当たりやすいものは?懸賞で「当選」を狙うポイント

2012年07月13日作成

 views

目次

懸賞でプチ幸せGET!

宝くじやロトもいいけれど、たくさんの種類がある「懸賞」も夢があっていいですよね。

筆者も昔から好きで、よく出していました。一番インパクトのある当選商品は「ケチャップ150本」でした。景気がいい時代だったんでしょうか。

ところで、懸賞でプチ幸せを手に入れるためにはどうすればいいのでしょうか?筆者が実践している方法をご紹介します。

この記事ではnanapiユーザーの体験を元にしたHowtoを紹介しています。ここに示したものは一例としてお考えください。

ポイント1:ハガキと切手を安く購入しておく

安く手に入れるポイント

見つけたらすぐ出せるように、ハガキと切手はたくさん用意しておく必要があります。出そうと思ってから時間が経つと、案外忘れてしまうものです。

ハガキや切手代を節約するために、金券屋さんで購入するようにしましょう。お店によって値段もまちまちなので、何軒か見て回ってもいいかもしれません。

またハガキには「エコーはがき」という表に広告の入ったものがあります。多少安いですが、枚数や発売時期が決まっていないので、日本郵便のサイトで調べましょう。

ポイント2:集める系は「早く出す」、地元系は「コメントを書く」

ポイントを集める懸賞なら「早く出す」ほうが当たりやすいようです。その懸賞の専用ハガキがあればそれを使うようにしましょう。普通ハガキより当たりやすいようです。

一方地方の懸賞(地元スーパーやテレビ局)だと、コメント欄重視の傾向があります。現に筆者の職場がそうでした。「読まないだろう」なんて思わず、気になっていることなど書いてみてくださいね。

大きな企業の懸賞になると完全にランダム形式で当選を選ぶため、イラストなど目立つ仕様にしても効果はない場合があるようです。

ポイント3:当たりやすい懸賞をチョイス

当たりやすい懸賞として、以下の順番に並べられると思います。

  • 1.「スーパーなどの地元限定懸賞」・・・認知度が低く、競争率が低いため。
  • 2.「ローカルラジオ」・・・地元スーパーと同じ理由ですが、周知される人数は多いので競争率は少し上がるため。
  • 3.「ポイントが必要な懸賞」・・・面倒くささから応募人数が少ないため。
いずれも見つけたらすぐ出すことが大切です。

ネット上の懸賞の注意点

ネット上にもたくさんの懸賞がありますが、明らかに名簿集めのための懸賞もあります。

やたら豪華な商品や当選人数がとにかく多い、会社としての実態は不明なのに懸賞だけ大々的にしているという懸賞は怪しいです。きちんと出して大丈夫かどうかを見極めてから応募しましょう。

終わりに

いかがでしたか?懸賞の良いところは、当たるかもという楽しみができる、忘れた頃にプレゼントが届くことです。

みなさんに懸賞が当たりますように!

(photo by http://www.ashinari.com/2011/10/16-351742.php?category=265)

この記事で使われている画像一覧

  • 20120709044057 4ff9e249c00c4

本記事は、2012年07月13日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る