生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon travel旅行・おでかけ

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 東南アジア旅行の宿選びのコツ

東南アジア旅行の宿選びのコツ

2013年02月26日更新

 views

お気に入り

はじめに

旅行での宿について、皆さんはどう考えますか。リラックスできる、ちょっとリッチな空間と考える人もいれば、寝られればどこでもいい、と考える人もいるでしょう。

今日は、東南アジア旅行の宿選びのコツをご紹介します。

ホテル

ホテルと言ってもグレードは様々。1泊1500円ぐらいのところから、上は2,3万円のところまであります。

豪華な旅行をしたかったら、ホテルにジムやプールやヨガスペースがついているようなところもありますし、1日ホテルで過ごすのもいいかもしれません。

ホテルの場合、あらかじめ予約をしておいたほうがいいでしょう。ホテル以外にも泊まるところはありますが、セキュリティーが気になるような人は、最低限のところでもかまわないのでホテルを選んだほうがいいと思います。

ゲストハウス

ゲストハウスはバックパッカーなどを対象にした、安宿のことを言います。日本のシェアハウス的意味のゲストハウスとは違います。

本当に安く済ませたいバックパッカーの人、長期旅行者は、ゲストハウスがいいと思います。東南アジアでしたら、200円から1500円ぐらいまでです。

特に予約をしなくても、泊まれることがほとんどです。レセプションで、

  • どんな部屋(シングル、ツインなど)希望か
  • エアコンの部屋がいいか、扇風機の部屋がいいか、
  • シャワーは部屋付きがいいか、共有でもいいか
  • シャワーはホットシャワーか、水シャワーか

などの希望を言うと、部屋を見せて、値段を教えてくれます。

本当に安く済ませたい人は、ドミトリーと呼ばれる相部屋もあります。ただ、セキュリティーで心配な面もありますので、荷物には鍵をかける、貴重品は身につけて、持ち歩くなど自己管理が必要になってきます。

東南アジアですと、いわゆる「日本人宿」、日本人が多く宿泊し、宿の人も日本語が話せるようなゲストハウスが必ずあり、日本の本を読んだり、日本食が食べられたり、旅行情報を得られることが魅力です。

口コミを見るならこのサイト

ホテルやゲストハウス・レストランの口コミを見るならこのサイトです。

tripadvisor

おわりに

旅行の目的にあわせ、いい宿選びができるといいですね。いい旅行を!

この記事で使われている画像一覧

  • 20100827123456
  • 20100827123438

本記事は、2013年02月26日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る