生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 自分にとって最適な収納家具の選ぶときのポイント

自分にとって最適な収納家具の選ぶときのポイント

2012年07月11日作成

 views

収納家具を新しく購入したいと思っても、どんな基準で選べばいいのか迷ってしまうことも多いかもしれません。

いったいどんな収納家具が自分の部屋にとってベストなんだろう?
筆者が自分の部屋に最適な収納家具を選ぶためにチェックしていることをご紹介します。

今の部屋に似合うかを見極めましょう

どんなに便利な収納家具でも、今の自分の部屋似合わない色形では、その家具だけが浮いた印象になってしまい、雑然とした印象を与えてしまいます。まずは自分の部屋に似合うものを見極めましょう。

外見の色と形

収納家具の購入を検討する時、まずはその部屋を見渡してその場所に合う色を決めます。

筆者宅の場合、天井・壁が白色で床の色が薄い茶色というところを考慮して、白地に天版だけ薄い茶色の家具で統一しています。

奥行きと幅をしっかり計りましょう

新しい収納家具を置く場所の幅をしっかり計っておくことで、その場所に似合う大きさが分かってきます。

今ある収納家具と壁の間などに新しい家具を置く場合は、幅がぴったりで奥行きが揃っている方がすっきり見えますよね。幅と奥行きがその場所にぴったり収まる家具=似合う家具だと筆者は考えています。

しまうものを決めて置く

新しい収納家具を購入しても、中身がガラガラだったり無理やり物を押し込んだような印象になってしまってはどうにもキまりません。

まずしまうものを決めて、それがすっきり収まる家具はどんな大きさで、棚は幾つ必要かなど具体的にイメージしましょう。

また、立ったまま手を伸ばした時に無理なく一番手を伸ばしやすい高さには、一番使用頻度の高いものを入れられるかどうかを必ずチェックしましょう。

最適な“高さ”を知ろう

圧迫感のない高さ

あまり高さのある家具を置いてしまうと圧迫感が出て、部屋を狭く見せてしまいます。しまうものに必要な最低限の高さにしましょう。

また、しまいたいものを全て棚にしまえる家具より、それより少し低めにして、家具の天版の上にも収納することを前提にして低い家具を選ぶ方がすっきりして見える場合も。

どうしても高さが必要なら薄いものを

どうしても高さが必要なら、奥行きのあまりない収納家具を選びましょう。壁の色と合わせるなどして壁と一体化した印象を持たせれば圧迫感は軽減されて、かつ収納たっぷりの家具を選ぶことができますね。

おわりに

いかがでしたか?収納家具を選ぶのはとても楽しいものです。満足できる収納家具と出会えると部屋の印象もよくなり、片付けも楽になります。

あなたの部屋に最適な収納家具と出会えますように。

(Photo by http://www.ashinari.com/2009/11/29-030865.php

この記事で使われている画像一覧

  • 20120707190033 4ff808c12404b

本記事は、2012年07月11日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る