生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 夏場を快適に過ごすため、扇風機を使うポイント

夏場を快適に過ごすため、扇風機を使うポイント

2012年07月11日作成

 views

はじめに

扇風機を上手に使えばクーラーを使いすぎることなく体を適度な温度にまで下げ、夏場を快適にしてくれます。

この記事では夏場を快適に過ごすための、扇風機を使うときのポイントをご紹介します。

用意するもの

  • 扇風機
  • タオルで包んだ氷枕(両手に乗るサイズのもの)

ポイント1:扇風機を使うタイミング

休日など、ずっと家にいる時に一日中つけていると電気代があまりにもったいないです。つけるなら一日の中で最も暑くなる昼ごろ、湯上りで体が熱くなっているとき、熱帯夜の夜など、本当に我慢できない時だけにしておきましょう。

あまり過度に使うと体を壊す原因にもなります。窓を開けて外から風を取り込むなど、極力ほかの方法でしのぐようにしましょう。

ポイント2:氷枕で一気に冷やす

あらかじめ凍らせておいた延べ棒状の氷をタオルで包めば氷枕の完成です。

氷枕はそのまま枕として使うのはもちろん、首の後ろや手首などに巻くだけであっという間に全身が冷えるので、どうしても暑くて耐えられなくなったときにすごく気持ちよくなれます。

ただし、あまり冷やしすぎると体を壊す原因になるので気をつけましょう。

STEP3:体を横にするのはアウト

夏場は体がだるくなるのでついつい体を横にしがちですが、一度横になってしまうとそのまま寝てしまったり動けなくなったりでおきたときには汗グッショリになってしまうことも。

空いた時間は趣味に使うなどして、あまりゴロゴロしない方が逆に体も楽だと思います。筆者はそうならないように犬の散歩だとか手の込んだ料理を作るなどして出来るだけ動くようにしていました。

それでも眠いときなどは、氷枕を使うと体が汗だくになることなく快適に眠れます。

おわりに

少しの工夫や生活習慣によりメリハリをつけることで快適に夏場を過ごす事ができるので夏バテしないようがんばりましょう。

(Photo by http://www.ashinari.com/2011/07/09-348273.php

この記事で使われている画像一覧

  • 20120706143408 4ff678d07bbbe

本記事は、2012年07月11日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る