生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon travel旅行・おでかけ

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 海外旅行で使えるお役立ちアイテム

海外旅行で使えるお役立ちアイテム

2012年07月11日作成

 views

はじめに

旅行会社のツアーだけでなく、個人でも簡単に海外に行くことができる現在。しかし、ひとたび日本を離れてしまうと、基本的に海外では日本のものを入手しにくい状態になります。海外旅行に行く時は準備もしっかりしておきたいですよね。

そこで、海外旅行をで持って行くと便利なアイテムを紹介します。きっとあなたの海外旅行をサポートしてくれるでしょう。

あると便利なもの

小物干しハンガー(洗濯バサミ付の小さなもの)

ツアーでも個人旅行でも、ある程度海外に滞在する場合は洗濯が必要になります。毎日洗濯することができない時に、下着やハンカチなどを手洗いして干せば翌日には乾くこともあります。

そんな時に是非使いたいのが、小物干しハンガー。大きなものはかさばるので、小さいサイズ(洗濯バサミが10個くらい)のものを持って行きましょう。洗濯バサミを取り外せるものを持って行くと、洗濯バサミだけをはずして単独で使うこともできます。

インスタント味噌汁や日本茶のティーバッグ

海外での食事は慣れないものが多く、うまく喉を通らなかったり、脂っこくて胸焼けしてしまったりすることもあり、日本食が恋しくなります。

そんな時に助けてくれるのがインスタント食品ですが、かさばるような大きな物は持って行けないので、味噌汁がオススメです。どんなに体調が悪くて食べる気にならなくても、味噌汁なら大丈夫。日本茶のティーバッグも軽くてかさばらないので、持って行くと重宝します。味噌汁もお茶も海外で飲むとホッと安らぐことができますよ。

日本人なら常備しておきたいお箸。重いものではないので、旅行の際は自分用のお箸を持って行くといいです。
味噌汁やお茶を飲むためのコップは、滞在先にそのようなものがあるなら使えますが、物によっては耐熱ではないこともあります。あるかどうか不安な場合はステンレス製のコップを併せて持って行きましょう。

トラベル用電気ポット

インスタント食品と合わせて持っておきたいのが電気ポット。変圧器なしで日本でも海外でも使えるコンパクトな電気ポットです

海外のホテルではポットを常備していたり、スタッフにお願いすればお湯がもらえることもありますが、自分で電気ポットを持っていれば、好きな時に好きなだけ沸かせたり、常備されているポットの汚れを気にしたりする必要もなく、使用する水(水道水・ミネラルウォーター)も自分で決めて沸かすことができます。

筆者が使っているトラベル用電気ポット:ワールドポット2(カシムラ)

コンセント差込口の形状が日本と異なる国では、専用のプラグが必要です。ポットと一緒に準備するのを忘れないようにしましょう。

サージカルテープ

包帯やガーゼなどを患部に固定するために使うテープです。手で簡単にちぎれる、粘着力が良くどこにでも貼れる、剥がしやすいなどのメリットがあり、ケガをした時はもちろん、一度開封してしまった袋物(お菓子など)を封するのに使うこともできます。

小さくて軽量なので鞄に一つ入れておくと便利です。薬局で売っているようなイイ物でなく、100円均一で売っている物で十分です。

食品用のチャック袋

チャックがついていて密閉されるので、水気が出るもの、食品、小さめの衣類、小物などを入れるのに何かと使えて便利です。

おわりに

上記で紹介したものは、筆者が実際に旅先で使って便利だったと思ったものです。購入するのにある程度のお金が必要なものもあり、上記のアイテムが旅先で必要になるかどうかは人それぞれですが、少しでも参考になれば幸いです。

(Photo by 著者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20120708155317 4ff92e5deeddd

本記事は、2012年07月11日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る