生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon mentalメンタル

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 相談できない悩みを自分で解決する方法

相談できない悩みを自分で解決する方法

2014年12月16日更新

 views

お気に入り

はじめに

悩み事を人に相談すると、自分では気づかなかった意外な解決方法が見えたり、話すだけですこし気持ちが落ち着いたり、一歩前進できることも多いですよね。

けれど、人に話せる悩みばかりじゃない……。そんな時のために、自分で悩みを解決する方法をご紹介します。

悩み事専用マインドマップ

マインドマップという言葉をご存知ですか?

マインドマップとは、自分の脳内を整理するための技術で、大き目の紙が1枚と、数色のペンがあればできる手軽さから、多くの人が利用しています。

マインドマップは、自分の中の言葉にできない感情や、隠れていた感情を見つけ出すのにも効果的です。そこで、悩み事専用のマインドマップをつくり、悩みを解決してしまいましょう。

マインドマップのつくりかた

用意するもの 大き目の紙(A4以上が望ましい) ペン(できれば数色)

STEP1

用意した紙の中央に、悩んでいることを一言で書き、円で囲みます。「人間関係」「仕事に疲れた」などできるだけ簡潔に書きましょう。

STEP2

中央の円を中心として、放射線状に線をひきます。

STEP3

放射線状書いた線の先に思い浮かんだこと、対応策が思い浮かべば対応策などを書き、また円で囲みます。

STEP4

STEP3で書いたことの先に、さらに枝分かれ状に線を書き、思い浮かんだことをどんどん書いていきましょう。枝ごとに違った色のペンを使って、ぱっと見ても分かりやすくするのもいいでしょう。

STEP5

自分の心の中を深く掘り下げて、愚痴や不満はもちろん、対応策や反省まですべて紙の上に書き出してしまいます。悩み事のすべてを紙の上に書き移してしまうイメージです。

頭が空っぽになってすっきりするだけでなく、対応策も見つけることができます。

おわりに

悩みだすと、ぐるぐると堂々巡りの考えの中に閉じ込められてしまいませんか?マインドマップでその名の通り、悩み事に地図をつくってしまいましょう。きっと解決法が見つかるはずです。

(photo by:http://www.flickr.com/photos/daijihirata/3951475199/)

この記事で使われている画像一覧

  • 20100826214613

本記事は、2014年12月16日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る