\ フォローしてね /

お葬式のマナー その4:香典袋の選び方

このライフレシピのもくじたたむ

適正な香典袋を選ぼう

(1) 仏式

香典袋(不祝儀袋)は「黒白・銀」などの結び切りの水引きを使用するのが一般的となっています。葬儀などの場合も結婚と同様、「一度きりが良い」とされるため、「結び切り」の水引が使用されています。

(2) 神式(神道)

水引は双銀を使用ます。

(3) 5千円以下用

包む金額が「5千円以下」の場合は、水引が印刷された香典袋(不祝儀袋)でも良いでしょう。

キリスト式

  • 十字架マークが入った香典袋を使用・・・この場合、表書きは「御花料」
  • (1)仏式の黒白か、(2)神式の銀一色の水引のものを使用・・・この場合、表書きは「御霊前」
香典袋に蓮(はす)の花が描かれているものは仏式専用です。神式やキリスト式の場合は用いないようにしましょう。

キリスト教の香典袋(不祝儀袋)はこんなのもあります。

お葬式のマナーシリーズ

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人
このライフレシピに関係するタグ

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。