生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon health健康・医療

  1.  
  2.  
  3.  
  4. コンビニ商品で手軽に栄養を高められる方法

コンビニ商品で手軽に栄養を高められる方法

2013年11月12日更新

 views

お気に入り

 はじめに

毎日の食事は自炊するのが一番ですが、出来合いの惣菜を買うときは健康にいい一品を加えて栄養バランスをよくしましょう。

そこで今回は、コンビニで購入できる栄養を高められる商品をご紹介したいと思います。

 コンビニで買える栄養のあるもの

 温泉卵

卵はビタミンcと食物繊維以外の栄養をすべて含んでいる栄養豊富な食品です。生卵よりも加熱することで消化効率が上がるので、丼物や麺類といった温かい料理に乗せて積極的に摂ってください。

 チーズ

たんぱく質やカルシウムが豊富なチーズはイライラしがちな時にオススメです。ヨーグルトや牛乳に比べて水分が少ないので、栄養を効率よく摂取できます。

プロセスチーズの場合、同量でカルシウムが数倍以上含まれています。

 梅干し

ミネラルやビタミン、有機酸類が多く含まれています。中でもクエン酸が多く、疲労回復に役立ちます。二日酔いや乗り物酔いに効果的なピルビン酸も含まれているのでオススメです。

 納豆

納豆1パックには、食物繊維が人参1本分もあり、肌や粘膜の健康を保つビタミンも、ししゃも約5尾分含まれています。またエネルギーの代謝を助けて同脈効果を防ぐマグネシウムも多く含んでいます。

 豆乳・牛乳

牛乳などの乳製品は、胃粘膜をいたわる効果があります。お酒を飲む前に飲むと胃の粘膜を防ぎます。

豆乳の原料である大豆には良質のたんぱく質が含まれ、8種類の必須アミノ酸が含まれています。また、リノール酸やビタミンEも摂ることが出来ます。

牛乳は成分を調整した加工乳ではなく、「牛乳」を選びましょいう。

 しょうが

おろしタイプのものはチューブで売っています。漢方にも使われる万能薬であり、体を温める作用があります。いつもの紅茶に加えてしょうが紅茶に加えてしょうが紅茶として飲めば、冷え対策にもなります。

 おわりに

いかがでしたか?不規則な生活、栄養の偏った生活を続けていると、後で痛い目を見るかも・・・コンビニでも十分栄養を取ることが可能です。少しづつでも気をつけてみるようにしてみましょう。

この記事で使われている画像一覧

  • 20100826174323

本記事は、2013年11月12日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る