生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon hobby趣味・娯楽

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 夫婦で楽しむ陶芸のポイント

夫婦で楽しむ陶芸のポイント

2012年09月10日更新

 views

お気に入り

はじめに

自分でも陶芸をやりますが、最近の陶芸教室では、夫婦や家族連れの参加が増えてきています。幼児は粘土遊びの一環で来ていますが、夫婦で楽しく話しながら作っているのを見ると、ほほえましい気持ちになります。

今日は陶芸の魅力を紹介します。

誰でもすぐに始められる

一回だけのお試しもできる

地域の陶芸教室や、観光地の陶芸施設に行くと、簡単に体験することがあります。最初はお試しで参加して、一つ作品を作り、陶芸に触れてみるのはとてもいい機会だと思います。

1回参加するのに2000~3500円かかり、その後、作品を送ってもらう場合には、送料がかかります。

年代・レベルを問わない

子供から職人まで

夏の陶芸教室に行くと、夏休みの工作で提出する茶碗を作る小学生から、何十年とやっているお年寄りまでいます。動きも少ないので、どんな人でもチャレンジできます。

全くやり方が分からない場合は、職人さんや先生がやり方を一通り教えてくれます。レベルが上がったら、自分一人でやる範囲を広げたり、最後の仕上げまで一人でやってみることもできます。

簡単なのは、皿やコーヒーカップ

よく使うものを作ってみる

比較的作りやすいのは、皿やコーヒーカップなどです。これらは、日々使う機会が多いので、だんだん愛着もわいてきます。

よくイメージする電動ロクロは、もうちょっとレベルが上がってからで、最初は、あまり使いません。

ペアのものを作ってみる

夫婦茶碗やおそろいの湯のみ、箸置きなど、ペアのものを作ろう

それぞれ作りたいものがあるとは思いますが、おそろいのものを作ってみるのはいかがでしょうか。お互いのを作って、プレゼントするのもいいと思います。

おわりに

夫婦でとは書きましたが、一人で楽しんでいる女性もいますし、汚れてもいい服を着ていけば、特に準備も要りません。気軽に始めてみて下さい。きっとはまると思います。

この記事で使われている画像一覧

  • 20100825103829
  • 20100825103855

本記事は、2012年09月10日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る