生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon love恋愛

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6. 料理合コンで心も胃袋もゲット!料理合コンで異性にアピールする方法

料理合コンで心も胃袋もゲット!料理合コンで異性にアピールする方法

2012年07月06日作成

 views

最近話題の「料理合コン」ご存じですか?合コンメンバーで協力しながら料理を作り、出来上がった料理で乾杯!

料理というゴールに向かって協力し合うなかで自然と会話も進むことから人気が高まっています。そんな新しい合コンで、気になるあの人にアピールする方法をご紹介します。

目次

STEP1:気が利くアピール

料理を行う際、主役は「包丁を持つ人」「フライパンを持つ人」「お玉を持つ人」ですね。料理に自信がある人、出たがりな人は率先してこれらを手に取ります。そんな人たちの隣に立って、その人が動きやすいようにしてあげましょう。

  • 食材を準備する
  • 出たゴミをすぐにゴミ受けやゴミ箱に捨てる
  • お湯を沸かす、油をひくなど
  • 味付けの準備

これらで主役のすぐ隣をキープしましょう。

便利屋さんになりすぎないよう、注意が必要です。せかせか動きすぎず、隣で会話をしながら動きましょう。

STEP2:一緒にやろうアピール

STEP1で紹介したことは主に動きたがる人向け。4人以上の料理合コンでは、手持無沙汰になってしまうことがあります。

そんな時は逆にチャンス!そこまで料理に意欲的でない人が気になったら、その人を誘って2人きりの世界を作りましょう。

  • 野菜などの下ごしらえ
  • お皿の準備
  • 机上の飲み物の準備

料理合コン中は、料理に集中しすぎるより、相手と一緒に行動する、ということを意識しましょう。料理に集中するより、2人で抜け駆けの行動をすることで親密度が高まるかもしれません。

STEP3:知りたがりアピール

料理合コンに限らず、合コンでタブーなのは常に自分ばかりが話してしまうこと。では逆に、相手の話を沢山聞く人は、好感度が上がります

「よく料理はするの?包丁の使い方うまいね。」
「いつもどういう物食べてるの?嫌いなものとかある?」
「お家では料理する?手際がいいね!」
質問の中でさりげなく、仕事の状況や実家か一人暮らしか、好き嫌いや健康状態などをチェック。

料理に集中している時は邪魔にならないように注意しましょう。さり気無く相手の情報を聞き出すことも出来て、一石二鳥です。相手の話を聞きながら褒めたり、あなたを知りたいですアピールしましょう。料理中だけでなく、料理後に、

「さっきの包丁使いだけど…」
「味付けはこだわりはあるの?」

など料理に絡めつつ聞いてみるのもおススメです。

STEP4:あなたのおかげアピール

料理が終わってさぁ乾杯。料理合コンの主役はやはり料理。乾杯で気になる人と沢山話したいところですが、始まりはやはり美味しい!と声をあげましょう。必ず皆に向かって、「美味しいね。料理楽しかったね。」と言いましょう。

そして気になる人と2人で話せる時間が出来たら必ず「あなたのおかげでとっても美味しかった」と特別アピールをしましょう。もし合コン中に気になる人だけに伝えるチャンスが無かったら、メールや電話で必ず特別アピールをしましょう。

「美味しい料理もあなたのおかげでとっても美味しかった。」
「合コンもあなたのおかげでとても楽しかった。」

そのような言葉を貰えたら、どんな人でもとても嬉しいものです。楽しかった時間を感謝しましょう。

おわりに

いかがでしたか。料理合コンという、少し大人向けで敷居の高そうに感じる合コン。

実はチャンスが沢山ある、合コンです。料理あまり上手じゃなくても、料理教室の先生が手ほどきしてくれるので、気になる人と一緒に教えていただくこともできます。是非、上記のアピールを使いながら楽しい一時を過ごしてみてください。

料理合コンでは、身だしなみに注意しましょう。派手なネイルは避けましょう。髪を束ねる、料理のしやすい服装、香水はつけないなど、マナーを守りましょう。

(Photo by http://www.ashinari.com/2012/01/03-355534.php)
(Photo by http://www.ashinari.com/2012/02/24-358086.php)

この記事で使われている画像一覧

  • 20120702220223 4ff19bdf4ec74
  • 20120702220159 4ff19bc76795b

本記事は、2012年07月06日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る