生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon travel旅行・おでかけ

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6.  
  7.  
  8. ゴールデンウイークにオススメ!子どもに戻って楽しむ「アドベンチャーワールド」を楽しむコツ

ゴールデンウイークにオススメ!子どもに戻って楽しむ「アドベンチャーワールド」を楽しむコツ

2012年07月06日作成

 views

ゴールデンウィークの長い休み、いつもより遠出したいですよね。しかし、どこも混雑していて出かけても満員電車のようになります。

せっかくのお休みに混雑の中に入って行くのは辛いものです。

そんな時、和歌山県白浜町にあるアドベンチャーワールドはオススメですよ!

2012年7月時点の情報を元にしています。

目次

ゴールデンウイークにオススメの理由

ゴールデンウィークは、いつもの休みよりも休みの期間が長い為、出かける方が多いですよね。なるべく混雑にならない所を選びたいものです。

複数の施設を混雑なく楽しめる!

アドベンチャーワールドはサファリパーク、水族館、動物園、遊園地全てが入っているテーマパークです。広大な敷地なので中に入ってしまえば混雑にあうことも少ないのです。

人気のパンダがいる施設などは混雑しますが、少し順番を待てば目の前で見られます。存分に可愛い姿を写真に撮れますよ。

夜まで一日たっぷり楽しめる!

ゴールデンウィーク期間は、ナイター営業をしています。開園時間が20:30までに拡大しています。ナイトズーなど普段見られない動物達の夜の姿を見ることができますよ。

アドベンチャーワールドの見どころ

サファリパーク・水族館・動物園の3つが楽しめる

1つのテーマパークで、全部を楽しむことのできる場所はあまりないでしょう。エリア別にオススメポイントを紹介します。

サファリゾーン

  • ’’ケニア号’’に乗ってサファリゾーンを1周することができます。料金は無料です。可愛いゴールデンレトリバーの犬の駅長さんが迎えてくれます。めずらしい駅長さんに注目してみて下さい。

ウォーキングサファリをするときの下見をするといいですよ。

  • ウォーキングサファリができ、草食動物ゾーンを歩いて回ることができます。他にも、有料で動物のカートや自転車でも回ることができます。家族でのんびり散歩気分で歩くのがオススメです。

ブロックの低い塀だけで囲まれているので、シカなどが違う場所に移動するときに目の前を通過することもありました。迫力満点です。

餌やり体験ができます。各動物ゾーンで餌を購入できます。著者のオススメは、きりんの餌やりです。目の前にくるきりんに手のひらに餌をのせて直接あげます。舌の感触がおもしろいです。

水族館ゾーン

  • ビックオーシャンと呼ばれるプールの中で、大迫力のイルカショーを見ることができます。プール近くの2・3列に座ることをオススメします。目の前で泳ぐイルカや調教師さんの迫力満点の演技を間近で体感できます。
イルカのジャンプや元気次第で大量の水が降ってきます。水に濡れたくない方は、カッパを着るか離れた席をオススメします。
  • アニマルランドと呼ばれる施設内では、様々な動物が出演する’’アニマルショー’’をみることができます。可愛い動物たちに注目です。

動物ゾーン

パンダの愛らしくのんびり過ごす姿を見てください。沢山のパンダが自由に笹を食べたり、滑り台で遊ぶ姿が近くで見られるのはここだけではないでしょうか。

  • ふれあい広場では、マーラが散歩している中に入って餌やりや触れあいを楽しめました。体を撫でることもできますよ。めずらしいマーラを是非触ってきて下さい。

最大のオススメポイント

入場したら先着順のイベント申し込みへ

アドベンチャーワールドには、沢山のふれあいイベントがあります。パンダのバックヤードツアーやペンギンと間近で写真が撮れるなど、ここでしか体験できないイベントが盛り沢山です。

先着順のものが多いので、前もってお目当てのイベントを調べて入場後はすぐに申し込んで下さい。入場後みんさんダッシュしていました。

著者はペンギンと写真が撮れるイベントに参加しました。ペンギンの部屋に入ってペンギンの体を触ることもできました。触れ合ったあとは、可愛いペンギンの帽子を被って一緒に写真を撮りましたよ。

おわりに

いかがでしょうか。楽しみが満載のアドベンチャーワールドの魅力を伝えることができたでしょうか。

みなさんのお休みが、有意義なものになるお手伝いができたら幸いです。

(Photo by 著者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20120702220926 4ff19d8633f04

本記事は、2012年07月06日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る