生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon travel旅行・おでかけ

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6.  
  7. シンガポール1人旅のオススメポイント

シンガポール1人旅のオススメポイント

2012年07月05日作成

 views

お気に入り

目次

はじめに

アジアの中でも常に旅行者に人気のあるシンガポール。東京23区くらいの国土に様々な民族が集まり観光スポットも沢山あります。

ガーデンシティーと言われるように、とても緑が多く街もきれいなので女性の1人旅にもおすすめの場所です。

そこでシンガポールへの1人旅を楽しむためのポイントを幾つか紹介しましょう。

ホテルは選び放題

シンガポールは狭い地域にぎっしりお楽しみがつまっているので、アクセスもそれほど不便というほどではありません。

国際都市だけあってホテルも沢山あります。ラッフルズ、セントレジスなどの最高級クラスもホテルライフを堪能できますが、値段も最高級。少しランクを落としても十分満足できるはずです。

1人旅でお薦めはオーチャードエリアマリーナエリア。1万円代からでもありますし、クラークキー・リバーサイドエリアでも新しくて設備の良いホテルが1万円代で探せますよ。

ホテル予約サイト例→agoda

タクシーは便利な移動手段

タクシーの乗り方

シンガポールはバスも鉄道もよく使われている交通手段ですが、旅行者に便利なのはタクシー。初乗り200円くらいで狭い市街地なら大抵数百円で移動できます。チップも不要。

流しのタクシーショッピングセンター、ホテルのタクシースタンドが分かり易くて便利。地元の人達もよく利用しますよ。

ただ雨の日のショッピングセンターや休日の観光地などでは行列ができることがあります。

・・・そこで、「on call」を利用しよう!

タクシースタンドで後から来た人が先に乗ってしまうような光景も見られますが、これはon callという呼び出しタクシー。少しチャージがかかりますが、急ぐ時に便利。

携帯電話で看板にかかれた番号から呼び出すとタクシーの車両番号と到着時間を教えてくれて、長時間行列に並ばなくても乗れます。

シングリッシュはわかりにくい?!

シンガポールは他民族国でインド人、中国人、マレー人などそれぞれの文化を持っています。公用語で英語は誰でも話しますが、独特の訛りがある英語

このシングリッシュと言われる英語は文法がくずれていたり、発音に癖があって聞き取り辛いのです。でも英語が少し話せたら後は身ぶり手ぶりで大丈夫。

タクシードライバーには行き先を書いた文字や地図を見せると分かり易いです。

食事処

1人旅で困るのが食事。気軽に入れるからとファストフードで済ますのは味気ないですね。オススメはたくさんあるホーカーズフードコート

屋台が集まったホーカーズ、ショッピングセンター内にあるフードコートはどこも清潔で美味しいです。政府の厳しい審査があるので今は不潔な所はほとんどありません。

インド、中国、マレー、日本など世界各国の料理が安く美味しく食べられるのは嬉しいです。チキンライスラクサなどの体表的なシンガポール料理以外にも迷うほどありますよ。1人で食べるのにちょうどいい量なので残さず食べられます。

レストランでは時々2人前ほどもある量が出てきて困ることがあります。そういう時はテイクアウトを頼みましょう。ホテルで夜食にでも。

お土産を買うなら

お土産は空港で買うという人も多いのですが、安く買えるのはやはり街中。一番のオススメはチョコレート、ゴディバやラッフルズホテルのチョコも人気ですし普通のスーパーで探すのもお手軽です。

そして何と言ってもオススメは蘭の花。シンガポールはとても花が安く特に蘭の種類の多さと安さには驚きます。1本1ドルもしないので沢山買いたくなります。検疫なしで持って帰れますよ。

以前帰国日に花屋でデンファレを買い、ティッシュに水を含ませてビニール袋に入れて持ち帰ったことがあります。

観光スポット

自然を楽しむ場所や買い物が楽しい所、歴史的な建造物も沢山あります。オススメを幾つか挙げます。

リトルインディア・アラブストリート・チャイナタウン

それぞれの文化が体験できるスポットでそれほど離れていない距離にあるのでぐるっと見られます。寺院を見た後民芸品やスパイス、パシュミナなどのお土産を探すのが楽しいです。

1人であちこち行くのが億劫な人はホテルのコンシェルジュや街の旅行案内所でツアーを申し込むのも良いですね。ツアー仲間と親交ができるかも。日本でも予約できますよ。

現地出発ツアー予約サイト例→Alan1.net

植物園・ナイトサファリ

シンガポールは自然が美しく熱帯の植物もあるので見応えがあります。夜はナイトサファリが楽しいですね。トラムに乗るか歩くかですが、1人ならトラムが楽です。要所要所スピードダウンしてくれて説明もしてくれます。(日本語もあり)

植物好きの方は植物園の園内をゆっくり散策して下さい。有名なオーキッドガーデンなど3つのエリアがあります。ついつい1人だと歩きすぎてしまうのでご注意。休みながらのリフレッシュをお薦めします。

クラークキー

シンガポール川沿いに屋台や路面店が並び、夜はライトアップされてとてもにぎやか。夜に行かなければつまらないかも

飲食店やバー、土産物店もあります。ファミリーも沢山いてメリーゴーランドやゲームなどで楽しんでいます。週末はフリマが出ることもあるので1人でも十分楽しめます。

またここからリバーボートに乗って川を遊覧するのもオススメ。川を下っていって海のほうから夜景を見ることができますよ。夜に観光できるのは1人旅には嬉しいですよね。

エステ体験

女性なら体験したいのがエステ。1人なら気がねなく行くことができますね。日本と同じくらいの質でも料金が安いので、エステ初体験してみるのもオススメです。

高級ホテルのエステはやはり高めですが、上質のサービスは価値あり。もちろん街の人気エステもオススメです。1人だからこそ自分の好きなコースをたっぷり堪能できますよ。

エステ・スパ紹介サイト例→シンガポールナビ地球の歩き方

おわりに

外国なので気を抜くのはよくありませんが、治安はいいので、メジャーな観光スポットや中心部なら安全ですし英語が通じるので歩きやすいです。

グルメにショッピング、エステと女性には観光以外も楽しめるのでリピートしたくなるはずです。是非参考にして良い旅をして下さいね。

シンガポール観光サイト例→地球の歩き方

本記事は、2012年07月05日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る