生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon travel旅行・おでかけ

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6.  
  7. ドイツを一人旅するときのポイント

ドイツを一人旅するときのポイント

2012年07月05日作成

 views

この記事では、著者が実際に旅行したときの体験をもとに、ドイツ・ミュンヘンを1人で旅するときのポイントをご紹介します。

目次

旅行計画

オススメの時期は

ドイツといえば、真っ先に思いつくのがやはりビールです。ドイツで最も有名なビールイベントといえば、毎年10月にミュンヘンで行われる世界最大のビール祭りオクトーバーフェストですね。

ですので、やはりオススメは「10月!」と言いたいところですが、社会人の方であれば仕事の都合で難しい場合もありますし、ミュンヘンの冬は日本よりも寒く、最低気温が氷点下になることもありますので、ゴールデンウィーク夏休みに行くのもよいのではないでしょうか。

旅費等

旅行会社を利用する場合、ドイツだけの旅程はあまりなく、周辺のスイス、ベルギー、フランスなどとセットで周遊するプランが多いと思います。せっかくなので、ドイツだけでなく、他のヨーロッパの国もまわってみてはいかがでしょうか。なお、旅費については、1週間(5泊7日)で25万円くらいからあります。

オススメ満喫スポット

ビアホール

ミュンヘン市内には、多数のビアホールがあります。しかも、日本よりもジョッキが大きいにもかかわらず、値段も200円台〜という驚きの安さです。ソーセージも絶品ですので、ぜひ食べて下さい。

市内観光

ミュンヘン市内は、徒歩で観光することができるので、移動に便利です。まずは、一番有名であろうマリエン広場にある市庁舎を訪れてください。

また、マリエン広場には、ホットドッグの屋台もあり、日本とはひと味違った本場のホットドッグを楽しめます。

博物館や美術館も充実しています。中でも、ゴッホ「ひまわり」が見れる美術館ノイエ・ピナコテークがオススメです。

ちょっと遠出したい方には

ドイツには、あのディズニーランドのシンデレラ城のモデルとなっているお城が存在します。それがノイシュヴァンシュタイン城です。

オプショナルツアーでバスに乗って簡単に行けますので、ぜひミュンヘンに行った際には足を伸ばしてみてはいかがでしょうか。

一人旅を楽しむコツ

ビアホールで現地の人に話しかけよう!

ドイツに観光に行かれる方の1番の目的は、やはりビールだと思います。ビアホールのカウンター席には1人で飲みに来ている方も多く、すぐに店員や他の客がフレンドリーに話しかけてくれますので、異文化交流のチャンスです。もちろん、ドイツ語が飛び交う店内は雰囲気抜群で、ビールも最高の味です。

私の場合、もちろんドイツ語は話せなかったので、片言の英語でコミュニケーションをとっていました。

観光や美術館はゆっくりマイペースで

また、一人旅ですと、市内観光も美術館も自分のペースでじっくり巡ることができます。マリエン広場には買い物スポットも多く、お腹が空いたら屋台のホットドッグを食べたりと、とても有意義な時間を過ごせます。

おわりに

いかがでしたでしょうか。近年は、ドイツに日本のサッカー選手が多く移籍しており、サッカー観戦をするなどの楽しみもあると思います。これを機会に、一度ドイツを訪れていただければ、きっと満足できると思います。

(Photo by 著者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20120630191711 4feed227234d6
  • 20120630200414 4feedd2e3b386
  • 20120630200308 4feedcec392db
  • 20120630195823 4feedbcf16fef
  • 20120630200615 4feedda7e9cde
  • 20120630201136 4feedee8877b0

本記事は、2012年07月05日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る