生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon love恋愛

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 男性向け!片思い中の好きな女の子と会話を盛り上げる方法

男性向け!片思い中の好きな女の子と会話を盛り上げる方法

2012年07月03日作成

 views

お気に入り

目次

つまらない男だなんて、思われたくない!

「男の子の間で盛り上がったあの話題なら、きっとあの子ものってくれるはず!」と意気揚々に話始めたけれど、あれ?なんだかつまらなさそう…。

それもそのはず。そもそもあなたの話に女の子は興味なんてないのです。でも、「好きな女の子とせっかく話せるのだから、盛り上げたい!」そう思うのが恋。

片思いの女の子に興味を持ってもらえて、盛り上がる話題。一体何なのでしょうか?今回は、片思いの女の子との会話を盛り上げる方法を3ステップで紹介します。

女性に片思い中の方はこちらもチェック!
片思いの異性との上手な会話の仕方

ステップ1:女の子を主役に!

あなたがどれだけ面白おかしい話をしても、そこに自分が登場しないと、女の子は飽きてしまいます。自分の興味のない話は、全て右から左へ抜けて行ってしまっているのです。

まず女の子が自分の話を聞いてくれる環境を作るために、女の子を主役にし、会話に参加させることが大切です。女の子を会話に参加させるには、その子が好きな事、興味を持っている事をリサーチし、参加できる話題を提示しなければなりません。

そこでまず、女の子を質問攻めしてしまいましょう。

最初は「この人質問ばっかり」なんて思われてしまいかねないですが、そこからその子が好きなもの、その子が興味を示しそうなもので、なおかつ自分も深く語れるものをピックアップし、その事について話すのです。

それだけで、「この人は私の話をちゃんと聞いててくれてたんだな」とうれしくなりますし、自分の興味のある分野なら向こうから話に参加してきてくれます。

自分も深く語れないと、自分が置いてけぼりにされてしまいます。女の子と深く語れそうな話題を質問攻めから発見しましょう。

ステップ2:女の子をお姫様に!

ある程度一つの事について深く語りあうと、共通の趣味というものは強いもので、「もっとたくさん、この人と話したい!」と思うものです。

しかしこの時点ではまだ、共通の趣味を持った友達。現時点で告白をしても「友達としてしか見れない」と言われてしまうのがオチです。それでは、気になる存在へとレベルアップするにはどうすればいいか?

その答えは、女の子をお姫様気分にさせてあげればいいのです。会話の中で、「○○ちゃんてすごいね」「○○ちゃん物知りだなぁ」とひたすら褒めてあげるのです。

相手が恐縮してしまうくらい褒めてあげると、「この人は私の事を悪く言わない」=「安心」に繋がり、以前より、より深く意味のある会話をしてくれるようになります。

こうすることで、女の子のあなたを見る目が「何でも話せる人」に変わり、以前より話が盛り上がります。

ステップ3:女の子を妹のように!

最後のひと押しは、妹扱いです。いままで持ち上げていたのに、いきなりそんなに扱いを軽くしてもいいの?と疑問に思うかもしれませんが、ここで態度をちょっと落とすことで、さらに会話が盛り上がるのです。

ここで大事なのは「名前」。いままで、「○○さん」だった人は「○○ちゃん」、「○○ちゃん」だった人は「○○(呼び捨て)」と、名前の呼び方を一つランクアップしてみるのです。

そうすることでより親しみを持つことができ、相手の話す口調も、だんだんと柔らかくなっていきます。

会話においてのポイント

全ての過程において、2つポイントがあります。

会話の中で名前を呼ぶ

会話の中に相手の女の子の名前を入れることで「あなたに話しかけている」というアピールをすることができます。

目を見すぎない程度に見る

目を見すぎると相手に威圧感を与えてしまいます。しかし適度に見ないと、誰に向かって話しているのかわかりません。また、下を向いていると声も届きにくいです。なるべく相手の顔を見て話しましょう。

おわりに

いかがでしたか?

初めからこんなことができる人は、稀だと思います。片思いの子と話すならなおさら、勇気も要りますし、緊張もすると思います。それでも、相手が楽しんで話してくれる顔、面白いと笑ってくれる顔、見たくはありませんか?

あなたの勇気が大きな第一歩なのです。あなたの恋がうまくいくことを、願っています!

(Photo by http://www.ashinari.com/2012/03/04-358665.php)

この記事で使われている画像一覧

  • 20120628180337 4fec1de9c9116

本記事は、2012年07月03日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る