生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon travel旅行・おでかけ

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6.  
  7.  
  8. こどもにとっても貴重な経験になるオススメスポット「こどもの国」

こどもにとっても貴重な経験になるオススメスポット「こどもの国」

2012年07月03日作成

 views

お気に入り

目次

はじめに

「家族でどこかに行きたいけれど、赤ちゃん連れだし・・・」という方や「牧場もプールも遊具も楽しみたい!」なんて方もいるのではないでしょうか。

この記事では、そんな願いが全て叶うオススメのスポット「こどもの国」についてご紹介します。

この記事は2012年7月現在に書かれたものです。料金など、詳細が変更されている可能性がございます。

「こどもの国」について

「こどもの国」とは横浜市青葉区にある、広さ約100ヘクタールの広大な自然の遊び場です。

  • 開園時間―9時30分~16時30分(7、8月は17時)
  • 休園日―毎週水曜日(祝日の場合は開園)
  • 入園料―おとな・高校生600円 小・中学生200円 幼児100円
  • 駐車料―900円
  • アクセス―東急田園都市線「長津田」→こどもの国線「こどもの国」
幼児は3歳以上です。0~2歳は無料。
CHECK:団体割引もあります。(30人以上、300人以上)
CHACK:くわしくはこちらをチェックしてください

ペットを連れての入園は出来ません。

持ち込めるもの、持ち込めないもの

持ち込みOK

  • 三輪車
  • 一輪車
  • こども用補助輪つき自転車
  • ローラースケート
  • インラインスケート

持ち込みNG

  • キックボード
  • 補助輪無し自転車
  • 金属・木製バット
  • ゴルフクラブ
  • スケートボードに類するもの
  • バランスバイク
    アルコールは持ち込み禁止です。

    見所と施設紹介

    無料の遊具から有料の遊具、施設まで様々ありますが、ここでは筆者が実際に体験して楽しかったものを紹介します。

    中央広場

    一番上に載せた写真が中央広場です。お弁当を食べたり、フリスビーやボール遊びをする家族が多いです。芝生が広く続いているので、一人歩きを覚えた赤ちゃんも安心して遊べます。

    筆者も実際に息子を歩かせてみましたが、芝生が柔らかいので転んでも比較的安全です。

    お弁当を広げたり、かけっこやおにごっこをして遊ぶのがオススメです。

    ミニSL

    ソーラー発電で動く「太陽号」が一周335メートルで走ります。家族連れに大人気のスポットです。

    コース内に踏切やトンネルが設置してあるので、短いながらも十分楽しめます。ビデオカメラを片手に持って乗車する親も多いので、是非皆さんも試してみて下さい。

    大人・こども共に200円です。

    ポニー牧場

    ポニーの乗馬(引馬)が出来ます。

    馬に乗りたいけど、高くて怖い!
    という子でも、ポニーなら地面に近いのであまり怖くありません。

    都会に住んでいると、ペット以外で動物に触れ合う機会は少ないのではありませんか?こどもにとって貴重で良い経験になるのでは、と思います。

    • 対象年齢―2歳~小学6年生
    一人一周350円です。

    ミルクプラント

    牛乳を製造している過程を見学したり、特別牛乳サングリーンソフトクリームなどを食べることが出来ます。

    近くにこども遊牧場という牧草地を来園客に開放している場所があるので、シートを敷いたり直に座りながら飲食をするのがオススメです。

    売店の隣にはベンチやテーブルもあります。
    牛乳・ソフトクリーム共に300円です。

    おわりに

    今回紹介したスポット以外にも、バーベキュー場や温室、ボート乗り場など様々な見所が沢山あります。

    兄弟が多くて、遊びに行く場所を決められない!
    という家族にはとても最適だと思います。

    是非、一度遊びに行ってみてはいかがでしょうか。

    (Photo by 著者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20120629182254 4fed73eeea5ae

本記事は、2012年07月03日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る