生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon businessビジネス・経済

  1.  
  2.  
  3. 後輩を「叱る」ときに心得たいポイント

後輩を「叱る」ときに心得たいポイント

2013年10月30日更新

 views

お気に入り

はじめに

新入社員が入ってきて、初めて部下ができた・後輩ができた、という人も多いのではないでしょうか。ある程度、彼らが仕事に慣れてきたときにぶつかるのが「どう叱るか」の壁。

注意しなければいけないことは分かっているけど、ちゃんと聞いてもらえるだろうか、エラぶっていると思われないだろうか…という人のために、いくつかのポイントをご紹介します。

「怒る」と「叱る」は別

混同してしまいがちなのですが、「怒る」ことと「叱る」ことは似ているようでまったく違いますよね。感情のまま大声を出したり、ミスを責めたりすることを「怒る」としたら、「叱る」ときに押さえておきたいポイントがあります。

  • どこが問題だったのかを伝える
  • そのミスでどういったトラブルが有り得るかを伝える
  • 今回、なぜそのミスが起きたかの原因を考えてもらう
  • 今後、どうしたら再発を防げるかを一緒に考える

「なにしてるの!」「どうしてわからないの!」「これ、この間も教えたよね?」など、とっさの言葉は思う以上に相手に突き刺さるもの。本意ではない伝わり方をする可能性もあります。

「ミスしてしまったこと」よりも、「なぜそれがいけないのか」を一緒に考えられるヒントを伝えてみましょう。また、ある程度相手が成長してきた様子が見えたら、前半のポイントは本人に考えてみてもらってもよいでしょう。

「自分には関係ない」ことはない

例えば、あなたの後輩や部下がミスをしたとしても、もしかしたら直接はあなたに関係ないことかもしれません。ですが、同じ会社に所属する以上は、共通の利益を追求するパートナーです。

必要以上に責任を感じることはありませんが、一言声をかけて励ます、自分なりの経験を踏まえたアドバイスを伝える、などのちょっとしたことだけでも、叱られてしまった本人の支えになることができるのではないでしょうか。

叱るべき場所も考えよう

他の社員やお客様が見ている前で部下をしかる場合は特に注意しましょう。

部下としては叱られる理由に納得していても、多くの人の目に付く場所で叱られ、プライドを著しく傷つけられた場合はこれまでに築いてきた信頼関係を失ったり、後々まで反感を買われる場合があります。

基本的には会議室などに場所を移して1対1で話しあう方が無難でしょう。

おわりに

叱ることと同じくらい難しいのは「褒めること」です。なぜこれらが難しいのかというと、相手に「この人は本当にちゃんと自分のことを見てくれているかどうか」がすぐに伝わってしまうからです。

ミスは誰でもしてしまう可能性があるものですよね。必要なのは、それを繰り返さないようにするため、何ができるか。上下関係としてではなくても、アドバイスできることはきっとあるはずです。

もし、あなたが本当に相手のことを見ていて、ここは直すべき、と感じたことがあれば、今回のポイントを踏まえて、きちんと伝えることから始めてみてはいかがでしょうか。

(Photo by 足成

この記事で使われている画像一覧

  • 20100824000513

本記事は、2013年10月30日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る