生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 何がどこにあるのか、すぐに分かる部屋の整理方法

何がどこにあるのか、すぐに分かる部屋の整理方法

2014年06月24日更新

 views

お気に入り

はじめに

整理整頓が得意な人も、そうでない人もちょっとした工夫で、何がどこにあるのか、すぐに分かる部屋の整理方法 を身につけることが出来ます。

今回は、そのちょっとしたコツをご紹介します。

どこに何があるのかすぐに分かるコツ

自分の行動パターンを思い出そう

部屋に入ったらまず、自分が何をするのか、いつもどこに何を置くと楽なのかを思い出してみてください。

自分の行動パターンに合った場所に物があることで、万一なくしても、回想して思い出すことができスムーズに見つけることが出来ます。

例えば、外から帰ってきて家の鍵や携帯をいつもどこに置くのか、脱いだ服はどこに置くのかなど思い出して、いつも置く場所を所定の位置として整理してみる。

カテゴリー別に整理しよう

自分の部屋に配置するものを、カテゴリーで分けてみてください。例えば貴重品、仕事関係のもの、キッチン関係、リラックスできるもの、美容系の道具など。

部屋にあるものを一気に整理しようとすると、途中で疲れてしまい挫折してしまうこともありますよね。

しかし、カテゴリーごとに片付けていけば、何をどこまで整理したのか分かりやすいだけでなく、物をなくした時にもカテゴリー別に探せば良いので部屋全体を探すよりも早く物が見つかります。

ラベルを作ろう

ファイルボックスや収納ボックスなどを同じもので揃えるとキレイに整理整頓できます。100円ショップなどで売っているものでも、形や色を揃えることでお洒落に整理することができるので、活用してみるのも良いでしょう。

しかし、同じものであるが故にキレイには見えますが、中に何が入っているのかさっぱりわからなくなります。このようなことが無いように、内容物を書いたラベルなどで表示しておくと便利です。

手作りのラベルは無料サイトでダウンロードすることも出来ますよ。
参考サイト:ラベル屋さん

おわりに

いくらキレイに整理されていても、自分や家族の行動パターンに反していると、使いづらく整理整頓は長続きはしません。

毎日の行動をもとに、上手なカテゴリー分け、100円グッズなどを上手に活用して生活しやすくキレイな部屋を手に入れてください!!

整理整頓にくわえて、効率よく模様替えをしたい、と思っている人はこちらの記事もぜひご覧下さい。
狭い部屋を広く見せる!!模様替えに失敗しない4ステップ

(Photo by 足成

この記事で使われている画像一覧

  • 20100823231237

本記事は、2014年06月24日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る