生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon wedding結婚

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 結婚式のプチギフト&引き出物の選び方

結婚式のプチギフト&引き出物の選び方

2012年07月02日作成

 views

お気に入り

目次

はじめに

結婚式の出席者が決まったら、プチギフトや引き出物選びが始まります。しかし、引き出物として何を選んだら良いのか、プチギフトにはどんなものがあるのか、など疑問もたくさんあると思います。

そこで今回は、筆者の経験をもとに結婚式のプチギフト&引き出物の選び方をご紹介します。

引き出物とは?

披露宴の出席者に贈る品で、ひとり4000~5000円程度が相場だそうです。

形に残るものを贈るのが一般的ですが、最近ではカタログギフトなども人気だそうです。また、メインの引出物と引菓子、しきたり品を総称して引出物と呼ぶこともあります。

しきたり品とは?

地域によっては、特産品や縁起物をしきたりとして添えることがあるそうです。

筆者は、しきたり品は添えず、記念に残るメインの引き出物と引き菓子に加えて、プチギフトの代わりとして、ひとりひとりに選んだ皮製品にメッセージを添えて贈りました。

引き出物選びのポイント

引き出物で人気なものは、洋食器や和食器などの食器類が多いようです。筆者も食器にしました。

しかし、皆一緒で良いわけではありません。どの方にも使っていただけるものをひとつ選ぶのは至難の業です。

ひとり暮らしの方、ファミリーの方、年配の方、上司や友人など様々な立場の方がいらっしゃいます。筆者は列席者の家族構成や世代などに応じて、ゲスト別のギフト贈り分けをしました。

せっかくの大切な贈り物、使っていただけるものが一番です。そこでギフトの贈り分けが必要になってきます。

ギフト贈り分けで失敗しないポイント

ギフトの贈り分けで難しいのは、年配の方や上司へ贈るギフト選びです。筆者もかなり悩みました。

そういった時には、両親や身近なその世代の方に相談してみましょう。やはり年の功、経験も豊富でこれまでもらって嬉しかったもの、実際に良く使うものなど教えてもらえると思います。

また、若い世代の方のギフト選びは、自分の趣味を入れつつも、相手の立場になって使ってもらえるものを考える必要があります。

どうしても悩んでしまった場合は、シンプルな柄の少ないボウルなど、毎日使えそうな定番のものを選ぶこともひとつの方法です。

プチギフトとは?

お見送りなどの際に、引出物とは別にゲストに配るちょっとした贈り物のことだそうです。

一般的にはお菓子などが人気だそうですが、小さな雑貨など様々なアイディアで選ばれているようです。

プチギフトは必要?

プチギフトは、ひとりひとりに手配りできるという良い点もありますが、絶対に必要かといわれればそうではないと思います。

筆者は、前述したように、少しグレードアップして、ひとりひとりに選んだ皮製品にメッセージを添えて、手配りではなく各テーブルにあらかじめ置いてもらいました。

列席者に、私たちが入場する前、メッセージをゆっくり読んでいただき空いた時間を感じさせないようにしたかったからです。

また、お菓子や小さな雑貨ではすぐになくなってしまうけれど、こういった雑貨ならばずっと持っていていただけるのではないかと思い選びました。

このギフトは有難いことに好評で、たくさんの方に嬉しいお言葉を頂くことができました。

手配りはなくとも、お見送りではひとりひとりと会話したり、握手したり、手を振ったりして手を自由に使うことができ、この方法にして良かったと思いました。

おわりに

いかがでしたでしょうか?

引き出物もプチギフトも、新郎新婦の思いのこもった大切な品。準備は大変ですが、列席者ひとりひとりの顔を思い浮かべながら、素敵なギフトを選んでくださいね。

(Photo by 足成http://www.ashinari.com/2009/11/08-030246.php

この記事で使われている画像一覧

  • 20120626231907 4fe9c4dbac1fa

本記事は、2012年07月02日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る