生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon businessビジネス・経済

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 新入社員の外出時のマナー

新入社員の外出時のマナー

2013年03月18日更新

 views

お気に入り

はじめに

以前に、住宅メーカーの営業マンをしていました。外回りで朝から事務所を空けることも多くて、そんなときには事務所にいる人に迷惑がかからないように気をつけていました。

ここでは、著者の経験をもとに新入社員の外出時のマナーを紹介します。

ポイント1:外出先、帰社時間を明確に

行き先ボードに書く・周りの人に伝える

ほとんどの事務所には、行き先や行動予定を書くボードがあると思うので、そこに記入していきましょう。

ボードがない場合は、上司や隣の人に、

  • どんな用件か
  • どこへ行くのか
  • 何時に帰るか

上のポイントを伝えてから出かけましょう。伝える人がいないときは、上司や周りの人の机と自分の机の上にメモを残すようにするといいです。

ポイント2:机の上をきれいにしてから出かける

他の人と一緒に仕事をしているとき、他の人が資料を見たくなることがあります。

机の上は整理しておいて、大切なものは閉まっておきましょう。机の上に、共有の資料の保管場所を書いて貼っておくと親切です。

ポイント3:挨拶はしっかりと

出かけるときは「○○へ行ってきます!」帰ったら「ただいま戻りました!」と言うようにしましょう。

仕事をしていることが周りにも伝わりますし、電話を取る人も外出していることが分かっていれば、迷惑がかかりません。

ポイント4:帰社時間から大幅に遅れるときは連絡を

新入社員が外出するとき、上司は心配するものです。30分ぐらいまではいいですが、1時間ぐらい帰社時間を過ぎるときは、電話を一本かけるようにしましょう。

おわりに

外出すると、気分転換もでき、戻ってきてからの仕事にも力が入ります。自分がいないときに、周りの人に迷惑がかからないように、気を配っておきましょう。

(Photo by 足成

この記事で使われている画像一覧

  • 20100823225003

本記事は、2013年03月18日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る