生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon love恋愛

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 片思いしてる男性との関係が辛くなった時の気持ちの対処法

片思いしてる男性との関係が辛くなった時の気持ちの対処法

2012年07月02日作成

 views

お気に入り

目次

はじめに

大好きな気持ちは誰よりも一番だと思っていても、相手はどんな事をしても振り向いてくれないという事が、恋愛にはありますよね。筆者も長年片思いをし続けた結果、恋が実るどころかボロボロに傷付いた経験がありますので、痛い程にその気持ちが手に取るようにわかります。

だからこそ筆者のようにボロボロになる前に、ちょっと冷静になって考えてみて下さい。

この恋続けてもいいの?

彼への告白は既に済ませたものの、希望通りの返事をもらえずに、もしかしたら振り向いてくれるかもしれないと、諦めずに努力している方もいるかと思いますが、自分の為にもある程度の事をしたら諦める事も肝心です。

本当に諦めずにいる事が自分にとって良いのか、その男性はそこまで想う程の価値があるのか見極める為にも、以下の場合は諦めた方が良い時のパターンですので、チェックしてみて下さい。

既に体の関係だけは持っている

付き合ってはいないけれど、体の関係になってしまっている場合、男性側は無意識のうちに女性との関係性でゴールはそこだと決めている事がある為、恋が成就する可能性は低いでしょう。

そういう関係になりながらも、付き合うという責任を取らない態度でいる男性はダメンズですので、恋が実らなくて良かったと思って諦めましょう。

お金と時間にルーズな男性である

女性に食事代を払わせたり、待ち合わせにいつも遅刻をしてきたりドタキャンする場合は、理由はあれどもあなたへの気持ちは薄いと言えるので、片思いを続けてもツライだけです。

時間とお金がもったいないですので他の恋を探してみて下さい。

彼女、奥さんが居るが別れるまで待ってくれと言っている

この場合ズルズルとした関係を狙っているだけの可能性が大きいですし、因果応報という言葉があるように誰かを傷付けて勝ち取る恋に幸せは無と心得て下さい。

まだ気持ちがわからないと言われてから1年経った

告白をして自分の気持ちがまだわからないと断られた場合、真剣に考えている男性なら多めに見積もっても1年くらいで、好きになれるかどうかは見極められますので、他の恋を探した方が良いでしょう。

他に好きな人がいると断られた

彼女や好きな女性がいる場合、時間が経てば勝手に消滅する可能性がありますが、その間にアプローチを続けるのは彼にとって迷惑になり、あなたに恋の矢印が向く事はありません。

さりげないメールをしているつもりでも、大抵相手の男性には魂胆がバレバレの可能性が非常に高いので、辞めましょう。

諦められなくてツライ時の対処法

この恋は諦めようと思っても、なかなか諦め切れないのが実際の所で、無理な行動は余計心がつらくなりますので、気を付けたいものです。

気持ちを文字に託す

ノートに彼に対する想いをひたすら書いて、文字にする事で少しだけ気持ちがスッキリとして落ち着く事が出来ます。

感情的な気持ちが芽生えてきたら、彼にメールをしてしまうのではなく一旦自分の気持ちをノートにぶつける事で、暴走した内容のメールを彼に送ってしまう事を防げます。また、ノートに彼とのこれまでの出来事を書きだし、冷静に過去を見つめる事で、自分が望みがある恋かどうかの見極めも出来るかと思いますので、じっくり彼との事を思い出して書き連ねてみて下さい。

一晩寝て朝起きた時に読んでみると、自分の気持ちの重さに驚く事がありますので、自分を見つめ直すにも良い方法だと言えるでしょう。

新しい恋を探そうとしない

諦めようとする為に、他に新しい恋をすれば忘れられると思って、合コンに行ったり紹介をしてもらったりと頑張る人もいるかと思いますが、これは余計に心がつらくなりますので、なるべく控えた方がいいです。

まだ気持ちが落ち着いてない時に、他の男性と出会っても好きな人と比べてしまい、落ち込むだけなのです。

さいごに

新しい恋をすれば、確かに気持ちは変わる事が出来ますが、想いがまだ残っている場合は、恋を探すよりも自分の時間を大切にする事で、自然と次の恋がやってくるまでの準備が出来るかと思います。

(Photo by http://www.ashinari.com/2012/05/01-361577.php?category=404)

この記事で使われている画像一覧

  • 20120627103203 4fea6293add19

本記事は、2012年07月02日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る