生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon family家族・人間関係

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 後輩社員とうまくつきあっていくためのコミュニケーションに関する5つのコツ

後輩社員とうまくつきあっていくためのコミュニケーションに関する5つのコツ

2016年05月11日更新

 views

お気に入り

はじめに

どうも後輩としっくりいかない…。そんな悩みを抱えている人は多いのではないでしょうか。

オフィスでの仕事だとメールさえあれば仕事は済んでしまいそうです。しかし、そこに落とし穴があります。仕事をしているのは人間。「face to face」のコミュニケーションが不可欠です。

後輩と良い関係を保っていくにはどうしたら良いでしょうか。そのポイントについていくつか紹介します。

具体的なポイント

ポイント1:日頃から信用してもらえるような行動をあなたがとる

まず信頼関係を築くのはコミュニケーションの基本ですね。どんなにあなたが正しいこと、覚えてほしいことを伝えても、あなたと後輩に基盤に信頼関係がなければうまく理解してもらえません。

常日頃から後輩に限らず誰からも信用してもらえる行動をとるよう心がけましょう。

ポイント2:後輩の話をよく聞く

なかなかできそうでできないのが後輩の話を聞くということです。先輩は聞いているつもりでも、後輩の立場からすると「忙しそうで聞けない」という言葉はよく耳にします。忙しくて時間をとることも難しいですが時にはじっくり話を聞いてみましょう。

話を聞いてもらえると後輩はきっと喜んでくれます。モチベーションアップにもつながります。ただ後輩の話は経験不足ということもあり、何がわからないかが自分でもわからなかったりして長くなりがちです。そこでポイント3の対応が有効です。

ポイント3:後輩の理解を確認しながら説明を進める

後輩の話を聞くときはポイントで要点をまとめて返してあげるといいですね。そうすると後輩の頭の中が整理され、お互いの理解のくい違いも防げます。相談の時間も短縮されますね。

ポイント4:「どうしたらいい?」と返して後輩に考えさせる

後輩があなたに相談する時はあなたに答えを求めています。しかし即答する必要はありません。「どうしたらいいと思う?」と後輩に返してみましょう。

そのほうがトレーニングになります。また先輩の立場では後輩の考えがわかりますし、その考えに沿ったアドバイスができます。一石二鳥ですね!

ポイント5:感情的にならないように時には厳しく

注意しなければいけない時もあります。その時は毅然とした態度で接しましょう。感情的にならないことが大切です。

感情的になってしまうと過去のことも引き合いに出してしまう可能性があります。これだと後輩は何で注意されているのかわからなくなってしまい、関係も悪化してしまう良くないパターンです。

注意した時、あまりにも後輩が落ち込んでいたら後でフォローしましょう。別のいいところをほめてあげるなどできるといいですね。

おわりに

良くも悪くも後輩は先輩のあなたの背中を見ています。後輩とうまくコミュニケーションがとれれば、楽しいし、いい仕事もできるのでいいことづくめです。

この記事がみなさんの参考になりましたら幸いです。

(image by amanaimages)

この記事で使われている画像一覧

  • 20140120112818 52dc89c208bdf

本記事は、2016年05月11日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る