生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon mentalメンタル

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 洗面台の前で落ち込んだ気分を晴らす方法

洗面台の前で落ち込んだ気分を晴らす方法

2013年02月18日更新

 views

お気に入り

はじめに

悩みが無い人というのはなかなかいません。落ち込むことはいろんな時にあります。家にいるとき、仕事中のとき、またデート中のとき。

そんなピンポイントで落ち込んだときにはまず洗面台に行きましょう。

洗面台があればできる自分の落ち込んだ気持ちをちょっとでも晴らすことができる方法を考えてみました。

「鏡を見る」

洗面台と言えば、鏡があるかと思います。その鏡をじっと見て、自分の顔を観察してみましょう。

多分落ち込んでいるので、ちょっと暗い顔になっているかもしれません。もしくは感情をあらわにしたくないせいか、無表情になっているかも。

そこで、「自分は今こんな表情をしているんだ」と気づくと、少しだけ客観的な気持ちが芽生えてきます。

「顔の筋肉を動かす」

表情が暗ければ、無理やり笑ってみるのも有りです。

一見変な行為ですが、まずは表情からでも明るくなりたいという気持ちになれば、まずは形だけでも前向きになるでしょう。

何かに怒っているときも、その気持ちを表情をあえて出すことで自分の気持ちを整理することができます。

「顔を洗う」

落ち込んでいると、涙目になってしまっているかもしれません。もしくは顔が火照っていたり。そういう時は思い切って顔を洗うのも手です。

女性だと化粧もあって簡単にはできませんが、その後に落ち着いて化粧直しもしてしまえば、その作業の間、気を落ち着けることも可能です。

「歯を磨く」

これは事前に準備しておかないとできませんが、歯磨きをするとすっきりすることが多いです。

人間緊張すると、口腔内が乾燥してしまうことがあります。なので、歯磨きをすることで、口の中をすっきりさせて緊張感を和らげましょう。

おわりに

これはちょっと席を離れて、自分だけの空間で試行錯誤するやり方です。

他にもいろいろな気分を晴らす方法があるかと思いますので、様々な方法と組み合わせて試してみてください。

この記事で使われている画像一覧

  • 20100825011521

本記事は、2013年02月18日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る