生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon love恋愛

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 女子向け!効果抜群!失恋を吹っ切る5つの方法

女子向け!効果抜群!失恋を吹っ切る5つの方法

2012年06月27日作成

 views

お気に入り

目次

いつまでも辛いのは損

片思いに破れたり、諦めたい恋にしがみついてしまう。気持ちの切りかえなんて簡単にできないですよね。どこかで「このままじゃいけない」と思っても気持ちがついていかないことは、失恋によくあることです。

けどそれではいつまでも前に進めません。これでは次の恋にいけませんよね。今回は、「失恋を吹っ切る方法」をご紹介します。やり方は簡単、できるものからトライしてみましょう!

1:思い切り失恋ソングを聴く

実は自分を応援するような歌は逆効果です。落ちる時は落ちる!失恋ソングを聞いて「自分の恋と決別」します。「自分は失恋した!」と認識するのです。この方法は、自分で自分に言い聞かせる何倍もの効果があります。中島みゆきさんの歌などいいですね。

失恋ソングでへこんだ後は「今は落ちるだけ落ちて、這い上がってやる!次こそは上手くいくよう頑張るぞ!」というような気持ちになると思います。

2:思い切り泣いてみよう

思い出すだけで悲しくなる、泣けてくるというのであれば、思いっきり泣いてみましょう。「悲しい!」「なんでこうなったんだろう!」「どうしてダメだんたんだろう!」そんな辛さを涙と一緒に流してしまいましょう。涙には、その時持っているストレスを解消させる効果があります。

大人になって泣くことが少なくなったと思いますが、子どもはどうでしょう。わんわん泣いていたと思えば、次の瞬間はケロッとしていますね。泣くことで自分の不満や嫌な気持ちを解消させているのです。

悲しい映画でもいいですし、昔の悲しい思い出でも良いですし、今回の失恋でも結構です。思い切り、声を出して泣いてみましょう。泣き止む頃には、気持ちが楽になっていると思います。

3:コスメや洋服を買ってみる

つまりショッピングを楽しもうということですね。ただ今回、コスメや洋服と限定したのには理由があります。趣味のものを買ったとしてもそれは自分の中でしか楽しめない物ですよね。しかし、自分を磨くコスメや洋服はどうでしょう。失恋によって失った自信の回復につながります。

「これを使って見返してやる!」「前よりもキレイになって新しい恋をしよう!」そう思えるはずです。「以前とは違う自分」をまわりの人に見てもらいましょう。

おすすめは、普段使っているもののワンランク上のものを買うことです。下着もそうですが、実は高いものを身につけることは自信がつきます。

4:日常から離れてみる

これはよくある方法ですね。日常のルーチンワークから、一歩出てみましょう。お休みの日にでも目的を(あえて)決めず、出かけます。

車をお持ちならドライブ、電車でぶらりと遠くの駅まで乗ってみるのも良いです。少し離れるだけで知らない世界が広がっていて、意外な発見があるものです。自分の知らない場所に行くことで、自分の抱えている問題から少し距離を置いて見られることに気づくと思います。

ここでのポイントは「目的を持たずに出かける」こと。ぶらり旅は想像以上に気持ちの切替に役立ちます。

5:紙に気持ちを書いて捨ててみる

真っ白な紙を用意します(チラシの裏やノートでも良いです)、そこに相手への未練や不満、悲しい気持ち、寂しい気持ちなどあなたが今胸に抱えている気持ちを書きます。

リストにしても良いですし、書きなぐっても良いです。

思いつく限りの言葉を書きましょう。もう十分書いた!これ以上はない!と思ったら、じっくり見直します。自分の気持ちがたくさん書いてある紙を見ると、意外なほど自分を客観的に見ることができると思います。自分の胸の中から、辛い・悲しい気持ちが白い紙に移ったような気分になりますよ。

そして最後、破いて捨てます。ビリビリにします。今までの方法は「気持ち」を重視していましたが、この方法は破くという行動がポイントです。気持ちとの決別を、行動であらわします。この方法で、書く前の気持ちとは全く違う自分がいると思います。

おわりに

いかがでしたか?この5つの方法は、簡単でありながら効果は抜群です。やりやすい方法から、一つ一つ試してみてはいかがでしょう。

(Photo by http://www.ashinari.com/2011/07/23-037462.php?category=394)

この記事で使われている画像一覧

  • 20120627155737 4feaaee18e288

本記事は、2012年06月27日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る