生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon love恋愛

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 告白の返事を保留された男性必読!女の「考えさせて」の本音

告白の返事を保留された男性必読!女の「考えさせて」の本音

2012年06月27日作成

 views

デートに誘ってOKしてくれた!会話もいい感じで盛り上がっているし!ってことは恋人になってくれる可能性あり?じゃあ思い切って告白するタイミングでしょ…。

脈ありを確信して「付き合って」と言ってみたら、返事は「考えさせて」。ビミョウです。こんな経験をする人も多いでしょう。告白された女性が「考えさせて」と言った時の本音とは?探ってみましょう。

「考えさせて」とは?

本当に相手の女性もあなたのことを気に入っていて、付き合いたいと思っていたら返事はYESのはず。そしてハッキリ断る場合はNOですね。

つまり「考えさせて」はその間の部分、これがビミョウな所なんですね。YES寄りの「考えさせて」なのかNOに近い「考えさせて」なのかで大きく違います。同じ言葉でも意味は様々だと言うことですね。

パターン1:言葉どおり只今迷い中

イイ感じの人だな。しゃべっていても結構盛り上がる。でもまだそんなによく知らないし、今すぐ決めちゃうのは…ちょっと

これは慎重派の女の本音です。気軽に恋愛できるタイプなら付き合ってから「やっぱり、あなたとは無理。」と簡単に言えます。だから本当に迷っているわけです。でもYESよりなので希望あり。

パターン2:NOではないけれど…

受け付けないというほどではないけれど、これと言ってササる感じでもないなあ。合コンの予定も幾つかあるし、取りあえず保留

自分から好きになるタイプではない場合、今以上の人が現れる可能性に賭けてみたい女心。彼氏候補のトーナメントに今エントリーしたと考えるのが妥当です。今後の活躍期待。

パターン3:もうちょっとキープ!

イイ人には違いないんだけれど…友達クラスかな、やっぱり。今断ってしまうと楽しいデートも終わっちゃうしもったいない。もうちょっとだけ先延ばししたい。

パターン2と同様決定的に嫌いなわけではなく、告白されなかったらいい関係がキープできたなと言うどっちつかずな罪な人です。

パターン4:NOが言えない私

多分おそらくナシかな。でも面と向かっては言えないし取りあえず逃げました。後はどうNOの気持ちを伝えるか…憂鬱。

これはとっさに「考えさせて」を言ってしまったパターン。もう考える余地はないとみていいでしょう、余程の逆転ホームランがない限り。

パターンで違う告白後のメール

「考えさせて」の裏にある本音は、顔の表情や言葉のニュアンスで読むことができる場合もありますね。告白を何度もしている人なら読めるかも知れません。でもよくわからないという場合は、告白してからの彼女のメールが判断材料になります

変化なし

告白以前と比べても、文面や表現、返信の速度など変わらなければ希望ありです。

パターン1のような状態かもしれません。あまり焦らずもう少しいつもと変わらずに楽しいデートを!もう少し先に再告白。

前ほど反応がよくなくなった

デートの誘いも何となく曖昧にされたり、返信が遅れ気味になったりしたらちょっと距離を置かれているみたいです。

パターン2かも知れません。少し控えめに、でも諦めないで楽しませてあげて!

絵文字入りで楽しいメールでも…

相変わらずメールはやりとりするし、内容も変わっていない。でもノリが少し悪くなったとか、デートの誘いに前ほどのってこなくなった感じ。

キープされている3のパターンでしょう。告白はなかったことにして、もう少し魅力をアピール。彼女の方から好きになるように頑張って!

絵文字が動かなくなり、絵文字が消えていく…

告白した直後からメールがそっけなくなってくるパターン。メールの絵づらもどんどん事務的になっていくし、返信が少なくなってくるという寂しい状況。

はっきりNOと言わなくても空気読んでわかってよ!というメッセージがこめられている4のパターン。こっちから忙しいという理由でメールやめてみたらどうでしょう。大逆転で彼女のほうからメールが来ることも無きにしもあらず。

おわりに

こんな風に探ってみると女の腹黒さ、ズルさがあらわになる?そんなことはありません。相手のことを思いやってはっきり言えないだけなんです。

自分の気持ちがまだ固まっていない時に告白されると戸惑うということもあります。そこを理解して返事をせかせないで、落ち着いて対応して下さいね。

(Photo by 足成)

この記事で使われている画像一覧

  • 20120620144936 4fe16470cd21c thumbnail

本記事は、2012年06月27日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る