生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 保冷剤入り首巻きタオルの作り方

保冷剤入り首巻きタオルの作り方

2013年10月31日更新

 views

お気に入り

はじめに

30度を超える猛暑日が続くと、暑さにばてる人も多いでしょう。家にあるもので簡単に作れる暑さ対策グッズで、猛暑を元気にのりこえましょう!

用意するもの

  • 保冷剤(長さが10センチぐらいの小さめのものがオススメ)
  • ハンドタオル

やり方動画

保冷剤入り首巻きタオルの作り方 - YouTube

やり方

STEP1

ハンドタオルを用意します。ハンドタオルは濡らしてあるとより冷たく感じられるので気持ちよいですが、濡らしていなくても冷たさは感じられます。

STEP2

ハンドタオルの真ん中あたりに保冷剤をくるみます。真ん中あたりにくるむことで、余った部分を利用して首に巻き付けます。

STEP3

保冷剤が首のうしろにくるようにして、タオルを首に巻きます。おちないようにタオルをゴムやシュシュなどでまとめるとよいでしょう。

おわりに

首には頸動脈が通っていて、首の後ろを冷やすことで血液を冷やせます。身体全体に冷やされた血液が循環することで涼しくなります。

タオルが汗を吸収してくれるので快適なうえに、保冷剤で冷たさが持続されるので氷で冷やすよりも冷たさが長続きするのです。

交換用の保冷剤を用意しておけば、保冷剤が冷たくなくなってもかえることができます。これで、より長い時間冷たさをキープできます。

暑くてばてていると、食欲もなくなり体力も落ちやすくなります。体力が落ちれば熱中症などの病気にもかかりやすくなってしまいます。涼しく快適に過ごすことで、元気に夏を乗り切りましょう。

(Photo by 筆者 & nanapiオフィシャル)

この記事で使われている画像一覧

  • 20120702132259 4ff12223a1eb1
  • 20100823102746
  • 20100823102822
  • 20100823102848

本記事は、2013年10月31日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る