生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon love恋愛

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. この気持ちどうしよう?片思いをがんばるべきか迷ったら

この気持ちどうしよう?片思いをがんばるべきか迷ったら

2012年06月26日作成

 views

目次

片思いはつらい

片思いをしたことがある人は、誰しも「このままでいいのか」という問題に直面すると思います。

ましてや片思いの相手が、友人、職場の上司、同僚、後輩など、今後も避けられない付き合いがある人であればなおさらです。と言っても「全く見ず知らずの人」というのも、難易度が高いですね。

「好き」という気持ちから少し立ち止まった時に、「果たして自分がどうしたいのか」についての悩みが生じます。では、自分の気持ちに向き合うために必要なこととは何でしょうか?

相手のどこが好きになったのか考えてみましょう

大体の場合は相手を好きになった理由があると思います。例えば「気配りができるところ」「仕事ができるところ」「笑顔がステキ」など。自分が相手に対して感じていることを客観的に考えてみてはどうでしょうか。理由をハッキリさせるのも、気持ちを整理する術だと思います。

「優しいから」は誰に対してもということがあります。それは大事なことですが、恋人がいる余裕から異性にも優しくできる人が多いのも事実です。この場合は、特に恋人や配偶者の有無を確認する必要があります。

周りに片思いしていることがバレていない場合

周りの人に、自分が誰を好きなのかバレていない時は、共通の知人に片思い相手の印象を聞くことはは大切です。

なぜなら異性から見て魅力的でも、同性からの評判はイマイチということもあります。「好きなら関係ない」とも言えますが、今後おつきあいしたいと思っているのであれば、聞いておいたほうが良いでしょう。

誰にでも聞けば良いということではなく、自分の信頼している人から聞くのが一番です。意外な一面があったり、思わぬ事実があったりするかもしれません。一歩踏み出す前に、色々と知っておくのも大切です。

相手に好きなことがバレている場合

片思い相手に自分の気持ちがバレているのに、関係を縮められないというのは、積極性の問題もありますが、恋の成就は難しいかもしれません。好意がバレている場合、大抵は相手も「恋人としてどうか」という目で自然と見てしまいます。異性として意識することで、あなたへの態度は分かりやすいものとなっているはずです。

  • 好きかもしれないから距離を縮める
  • 興味がないから何もしない

どちらかの態度をとられていませんか?好意がバレたと思われる時から、相手との関係は縮まりましたか?

相手に振り回されていませんか?

相手によっては「自分のことを好きなんだ」という意識から、いい加減な態度を取る人間もいます。少々無理を言ったり、振り回しても大丈夫なんて思う人や自分もその気があるように振る舞う人も。

以上のことから、だいぶ自分の気持ちが見えてきたと思います。次は、陥りがちなメールの悩みです。

メールのやり取りに悩んだら

「この片思いを頑張ろう」と決意し、メールアドレスを交換して一歩進んだと思っても、今度はメールの悩みが生じます。

私から送ったのに返事がない、着たけどそっけない、絵文字がないなど一通のメールからあれやこれやと考え、気持ちが落ち着かなくなることは恋をしている人間なら誰しも経験すると思います。

例えばこんな方法で、気を紛らわしてはどうでしょう。

方法1:携帯を置いてでかけてみる

コンビ二などに散歩に行ってみるのもいいでしょう。少し携帯から離れ、外にでることでリフレッシュできます。

方法2:名前を変更する

「携帯は手放したくない!けど返事が来ないからイライラする!」なんて人におすすめなのが、「登録者名を変えてしまう」こと。

片思い相手の名前をアニメのキャラクターや歴史上の人物などに変更してしまうと、びっくりするくらいイライラした気持ちがどこかへ行ってしまいます。

「家康ったら、忙しいのね」なんて和んでしまったり。バカバカしいけど、気持ちは楽になるのでおすすめです。このぐらいの心の余裕を持って、相手にアプローチしましょう。イライラしたり、考え込んでは疲れます。

終わりに

片思いを頑張るか・頑張らないかはあなた次第です。迷った時は、上に挙げたポイントを踏まえて、考えてみましょう。

(photo by http://www.ashinari.com/2012/03/04-358634.php)

この記事で使われている画像一覧

  • 20120619154528 4fe02008db728

本記事は、2012年06月26日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る