生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon businessビジネス・経済

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 新入社員が覚えるべき名刺交換のポイント

新入社員が覚えるべき名刺交換のポイント

2010年08月24日作成

 views

新入社員のとき、初めて名刺をもらって、とても嬉しかった思い出があります。名刺はその人の顔でもあり、名刺交換はビジネスの基本でもあります。名刺の扱い方1つで、その人が判断されることもあります。

ここでは、名刺交換のポイントをお教えします。

名刺を渡すとき

名刺の渡し方一つで、その人が分かる

名刺を渡すときは、
- 相手の目を見て、「○○の××と申します」と名乗る
- 名刺は相手の読める向きにする
- 少しやわらかいアーチを描くようにして、胸の高さに差し出す (あまりアーチは高くしない)
「よろしくお願いします」は、その人の好きなタイミングで、差し出す前でも差し出した後でもかまいません。

名刺を受け取るとき

名刺を受け取るときは、
- 両手で受け取るようにする
- 同時に差し出した時は、名刺入れをお盆のようにして、相手の名刺を乗せて、受け取る
- 差し出された高さのままで、名刺を受け取る
- 名刺を受け取るときには、「頂戴します」と言う
- 受け取った名刺は、その場で確認して、読めないような名前は素直に聞く
名刺を丁寧に扱うことで、相手への思いが伝わります。その人だと思って、丁寧に扱うようにしましょう。

おわりに

名刺が切れている時は、場合によっては、その場で白い紙などに簡単に名前・連絡先などを書いて渡し、後日手紙を添えて郵送するようにしましょう。

ビジネスの基本である、名刺交換。きちんとマスターして、取引先の人やお客さんとのビジネスにつなげましょう。

(Photo by 足成

この記事で使われている画像一覧

  • 20100822112012 thumbnail

本記事は、2010年08月24日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る