生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 時短!お得!節約シャンプーの方法

時短!お得!節約シャンプーの方法

2012年06月21日作成

 views

お気に入り

目次

はじめに

いまやシャンプーといえば、ポンプ式が当たり前の時代となりました。ポンプ式の場合、頭を洗いながらでも片手で必要な分をとることができるのでとっても便利ですよね。

でも、髪の毛が長い方などは特に、何回もプッシュしてしまい、シャンプーがすぐになくなってしまうという方もいるようです。今回は、きちんと汚れが落ちて、時短、そして節約になるシャンプーの方法を紹介したいと思います。

シャンプー前にブラッシングを

髪の毛を洗う前に、まずは軽くブラッシングをしましょう。こうすることで髪の毛のからまりがとれ、ささっとシャンプーをすることができますよ。

髪の毛がからまった状態だと、シャンプーが行き届きにくいため、何度もシャンプーをプッシュしてしまうようです。必要以上シャンプーを使わないためにも、下準備はしっかりしましょう。

お湯洗いをしっかりと

シャンプーを使う前の鉄則として、髪の毛をしっかり濡らす、ということがあります。実際は濡らすだけではなく、お湯でしっかりと下洗いをするのがおすすめです。

髪の毛が脂っぽかったり、ワックスなどが残っていると、何回も何回もシャンプーをしてしまいがちです。しかし、お湯でしっかりと頭皮と髪の毛を洗うと、シャンプーの泡立ちも大変よくなるので少量でしっかりと洗い上げることができるんです。

シャンプーは一度手のひらに軽く広げよう

ポンプから出したシャンプーをそのまま頭につける人が多いのですが、その方法は間違っています。シャンプーは一度手のひらに取り、少し伸ばしてから頭全体になじませるようにしましょう。

一部分にしかシャンプーがつかないと、洗いながらまた追加してしまうことがあります。しっかりと濡れている状態であれば、シャンプーは少量でもしっかりと泡立ちますよ。

輪ゴムをポンプに巻きつけよう

どうしてもワンプッシュが多くなってしまうというなら、ポンプに輪ゴムを巻きつけ、一回の出る量を制限してしまいましょう。髪の毛が短い方などは、それでも十分な量でますので、試してみてくださいね。

おわりに

シャンプーは毎日使うものですから、なるべく無駄なく節約したいものです。

まだ汚れている、という感覚になるとどんどん追加してしまう傾向があるので、まずはお湯洗いを徹底し、髪の毛が十分濡れた状態でシャンプーをしてみてくださいね。

(photo by 足成

この記事で使われている画像一覧

  • 20120616074054 4fdbb9f6a4799

本記事は、2012年06月21日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る