\ フォローしてね /

今年こそはチャレンジしてみたい梅酒の漬け方

このライフレシピのもくじたたむ

毎年梅雨の時期になると、スーパーに梅の実が並び始めますね。それを見て「梅酒を漬けてみたいけど難しそう…」と思っていませんか?

実は梅酒は結構カンタンに漬けることができます。今回はその手順を紹介します。

用意するもの

  • 青梅:1kg
  • 氷砂糖:700g~1kg(お好みで)
  • ホワイトリカー(もしくは焼酎):1.8L
  • 保存容器(4L程度):1瓶
筆者の経験上、梅は固い青梅で漬けるのが最も失敗しにくいです。逆に黄色く熟した梅の場合、腐食などのトラブルが起きやすいように感じます。

ここではアルコール度数が35度のホワイトリカーを使用しています。35度未満のお酒は、梅の成分が抽出されにくく、傷みやカビ発生の原因となる場合があります。1年以上の長期保存を考えている場合は、どんなお酒であれ35度以上のものを使用して下さい。

作り方

下ごしらえ

固い青梅を使う場合は下ごしらえとしてアク抜きをします。水に2~4時間浸しておきましょう。

少し柔らかめの梅の場合はアク抜きは必要ありません。

STEP1:容器を消毒する

保存容器は熱湯や調理器具用のアルコールで消毒しましょう。これが梅のトラブルを防ぐポイントです。

STEP2:ヘタを取り、穴をあける

水分をペーパータオルなどでよくふき、つまようじでヘタを取ります。

つまようじで3~4ヶ所、穴をあけます。そうすると梅の香りが出やすくなります。

STEP3:梅と氷砂糖を交互に入れる

梅と氷砂糖を交互に入れます。

このとき、黒砂糖やはちみつを一緒に入れるとカドが取れてまろやかな味になります。

STEP4:ホワイトリカーを入れる

ホワイトリカー(もしくは焼酎)をしずかに注ぎます。

STEP5:冷暗所に2~3ヶ月ほど置いて完成!

冷暗所に2~3ヶ月ほど置いておけばできあがり。6月の時期に漬けると9月頃には美味しい梅酒ができます。

保存時はときどきフタを空けずにビンを回して様子を見ましょう。

Twitterで紹介!

(image by 筆者)
(image by nanapi編集部)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。