生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 食費を節約しても心を貧しくしないコツ

食費を節約しても心を貧しくしないコツ

2012年06月18日作成

 views

お気に入り

目次

はじめに

節約をはじめてそれがうまくいき始めると、「少しのことでもこんなに違うんだ!」と嬉しくなってしまい、ついついやりすぎてしまうなんてこと、ありませんか?

  • いつも節約のことばかり考えて少しでもいつもよりお金を使うことになってしまうとイライラしてしまう。
  • 自分が頑張って節約している分、家族が何気なくお金を使うのに目くじらを立ててしまう。
  • 今月はこの予算でと決めたんだから守らなくちゃ!もうあまり残り予算がない!と、本当の貧乏さんのような心境になってしまう。

心当たりがある人は、節約のことばかり気にして、心を貧しくしているのではないでしょうか。

でも、お金を溜めて溜めたお金で『ちょっと豊かな何か』と手に入れようとしてるのに普段の生活が貧しくなっては本末転倒。

今回は食費を節約しすぎて心が貧しくなってしまわないよう、筆者が心がけていることをご紹介します。

食事の栄養面は大丈夫?

食費を削るとこは、主婦にとってはもっとも始めやすい節約の一つ。毎日のことですから、少しやり方を変えるだけで大きな節約効果を望めます。

一方でやりすぎてしまいがちになる部分ではないでしょうか?

かさ増しは栄養バランスを崩しがち

筆者はTVで『節約のカリスマ!』と呼ばれている人たちの、節約料理を見て愕然としたことがあります。かさ増し料理として、おかずになるものにごはんや小麦粉などを混ぜ込んだもの。

ごはんや小麦粉自体は悪いものではありませんが、お肉などのたんぱく質を極端に減らして、その分主食で補えているはずの炭水化物を必要以上にとってしまっているのは決して栄養バランスが良いとはいえないですよね。

実は筆者も独身時代はそんな極端な節約に走ったことも。でも栄養バランスを欠いた食事は、体も心も不健康にしてしまいます。

逆に栄養バランスを考えた食事にしている今は体だけでなく心も元気で生き生きしているように感じ、栄養バランスの大切さを痛感しています。

栄養を損なわないかさ増しにとどめよう

かさ増し料理で節約するなら、豆腐ハンバーグ(動物性たんぱく質を植物性たんぱく質でかさ増し)など、栄養バランスを悪くしないものだけにとどめましょう。

炭水化物でのかさ増しは要注意ですが、豆腐を使ったかさ増しは栄養を損なわないことも。一度じっくり栄養バランスのことも考えてみましょう。

栄養バランスを崩すほどのかさ増し料理に頼らなくても、食材をできるだけ低価格でそろえることだけでも十分節約になりますよね。

たまには外食も

筆者は食費を節約しても、たまの外食はなくさないよう心がけています。

節約にばかり目を向けていると、日々の食事の楽しさを忘れてしまいがち。たまに外食することで自分自身もリラックスでき、ゆっくり家族と会話しながら楽しく食事ができますよね。そんな日も大切ではないでしょうか?

また、外食をすると季節ごとのメニューを知ることもでき、家庭での食事にアイディアを取り入れることもできます。季節を感じられるメニューを食卓に出すことも心を貧しくしないポイントです。

普通の外食よりほんの少し節約できればよしとする

とはいえ、せっかく節約してるのだから無駄な出費は極力避けたいもの。ファミレスなら期間限定でお勧めメニューが安くなっていることも多いので、そのメニューを注文してみては?

そのほか、ネットやタウン誌などで手に入るクーポンなどを利用して、普通に外食するよりはちょっと節約と、いう風にしてみるといいかもしれませんね。

日頃から近くのお店のクーポンや割引のあるサービスデイなどをチェックしておきましょう。

おわりに

いかがでしたか?節約に慣れ、上手になればなるほど、節約することばかりに集中してしまいがちで、本当の豊かさを忘れてしまいそうに・・・。

たまには一息ついて、自分の生活を見つめなおしてみるのも大事かもしれませんね。

(Photo by http://www.ashinari.com/2011/04/15-346855.php

この記事で使われている画像一覧

  • 20120612215435 4fd73c0b107fd

本記事は、2012年06月18日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る