生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon mentalメンタル

  1.  
  2.  
  3.  
  4. デスクワークが多い方の気分をすっきりさせるコツ

デスクワークが多い方の気分をすっきりさせるコツ

2016年05月11日更新

 views

お気に入り

はじめに

デスクワークは、長時間同じような体勢で仕事をしていることが多い為、血液の巡りが悪くなり、怠さや疲れ、頭痛などを起こします。かと言って仕事をしないわけにもいきません。

ここでは簡単な方法で体の調子をすっきりさせるコツについてご紹介します。

STEP1:伸びをする

至極当たり前のようですが、かなり重要なポイントです。誰かがいると、きちんと伸びが仕切れないので、トイレなどの個室に入り、思いっきり伸びをしましよう。

この時、ラジオ体操第一の「大きく円を描くように腕を回す運動」と屈伸運動を行うことも効果的です。

STEP2:冷やす・暖める

眠さや気分をすっきりさせたい時には手を洗ったり、首元を冷やしたりすると効果的です。ただし、首元は冷やしすぎると肩こりの原因にもなりますので程々にしましょう。また、冷たい水分摂取も忘れないでください。

目の痛みや肩こり、頭痛などには逆に暖めることをお勧めします。会社の電子レンジが使用できる場合は、濡れタオルを絞り、ビニール袋に入れチンをすると簡易カイロになるのでお勧めです。

この時やけどに注意しましょう。これを目や首元を暖めると血流が良くなり、一時的に楽になります。軽くマッサージをするのも良いでしょう。

STEP3:効率の良い仮眠の取り方

上記の方法等でどうしてもすっきりしない場合は、お昼休みの時等に仮眠を取ることをお勧めします。しかし、ただ仮眠を取るよりもすっきり出来る3つのコツがあります。

  • 寝る前にコーヒーなどのカフェインを摂る事
  • 睡眠時間は15分にする事
  • 食事は睡眠後に摂取する事

カフェインを摂ったら眠れないのでは?と思われがちですが、実は15分仮眠を取る時に飲むと、目覚めがすっきりしやすくなりますし、15分と言うのは体の睡眠サイクルで熟睡せず快適な目覚めを得られると医学的に言われている時間です。

睡眠後に食事を摂るのは食事を効率とバランスがよく、吸収しする為に太りにくい食事の摂取が出来るからです。

おわりに

最後になりましたが、ここで書いている内容は、あくまで一時的に気分がすっきりする方法であり、体調を崩さないように普段からきちんとした睡眠や食事、適度な運動が大切です。

最近では「朝ごはん」と言う言葉を多く聞くように、本当に朝食の摂取は大切なもので一日の体調子を大きく変えます。なるべく摂る様にしましょう。

(photo by amanaimages)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130306123751 5136ba0f5928a

本記事は、2016年05月11日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る