生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon businessビジネス・経済

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 考えることが多すぎて頭の中がごちゃごちゃになった!~4つの整頓手順~

考えることが多すぎて頭の中がごちゃごちゃになった!~4つの整頓手順~

2013年10月29日更新

 views

お気に入り

はじめに

考え事が多すぎて頭の中がごちゃごちゃ・・・何をしたらいいんだろう・・・
というよりもまず何を考えればよかったんだっけ?

たくさんのことを考えて、頭がパンクしそうなそんなとき、こんな手順で頭の中を整頓してみましょう。

手順その1:全部書き出す

あなたが今考えていることをすべて書き出します。
出来れば普段からあなたの身近にあって、いつでも取り出して見られるような、そんなものに書き出すといいでしょう。

いっぺんに全部を書きださなくても大丈夫。
「何か他にもあった気がするんだけど・・・うーん、なんだっけ?」と、また考え事を増やしたりせず、今思い出せることだけ書き出してしまいしょう。
そしてある日ふと思い出したら、すぐに取り出して、新しく書き込んでしまいましょう。

考えごとを書き出すときは、出来るだけ箇条書きにしましょう。

手順その2:日付を書く

考え事の内容によってはリミットがあるものもあることでしょう。
そういった最終期限が決まっているものには、その書き出した考え事の横に日付を書きます。

期限が決まっていないものについてはそのままにしてかまいませんが『出来ればこの日までに何とかなっているといいな』という日があるのであれば、その日付を書いておくといいかもしれません。

日付を自分の中に設定すれば、それが目標になってより考えやすくなります。

手順その3:☆を書く

☆でなくとも●でも△でもなんでも好きな、分かりやすいものでかまいません。
これは何かといえば、その考え事の難易度です。MAX難易度が☆5個と考えてみるといいかもしれません。

難易度が低ければ☆の数も少ないですし、難しい考え事であればあるほど☆の数を多く書きこんでいきましょう。

考え込んでいたものでも、あなた自身でその考え事に対する難易度を相関的に見てみたときに、意外と簡単に解決できることがあると気付くきっかけになります。

手順その4:数字を書く

数字を書くといってもただ書くだけではありません。優先順位を決めるために書いていくのです。
優先順位を決めていくためのヒントとなるのが、先ほど書きこんだ期限の日付や難易度の☆です。

期限が早ければ早いもの程優先順位は上がり、期限が遅いものや特に決まりがないもの程後回しにしてもいいものだという判断ができます。

難易度は人によって解釈が変わります。
というのも、難易度が低くすぐに終わることだからこそ最初にささっと終わらせてしまうという人もいれば、すぐ終わるからこそ後回しにしても大丈夫だ、という人もいます。
「自分はどちらにすればいいの!?」と迷ったときは、≪好きなものを先に食べるか、後に食べるか≫で決めてしまうとよいでしょう。

1から順に優先順位を、数字がかぶらないように書いていくのがポイント。どんなに同じ程度の考え事があったとしても数字はバラバラに。

さいごに

あなたの頭の中の考え事はこれで整頓されたでしょうか?

ここで一旦整頓されたとしても、日々生活する中や実際にその考え事をしている最中にまたごちゃごちゃとしてきてしまうと思います。
そうなった時は書き出した考え事を取り出してみて見直すことで、さらりと整頓しなおしましょう。

この記事で使われている画像一覧

  • 20100823214126

本記事は、2013年10月29日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る