生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon love恋愛

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 女性向け!婚活で疲れないためのコツ

女性向け!婚活で疲れないためのコツ

2013年10月29日更新

 views

お気に入り

はじめに

晩婚化が進んでいる今、アラサー、アラフォー女性は婚活に躍起になっている人も多いでしょう。でも、婚活をはじめてみたのはいいものの、「ここ数年頑張ってるけれど、良い結婚相手に出会えない!」と嘆いている人もかなりいるはずです。

そうです。簡単に良いパートナーに出会えるわけではないのですよね。それなのに、芸能人や友達などが次々に結婚し、出産していくと焦りはかなりのものになりますよね。

「どうしよう!このままじゃ孤独死だ!」と悲壮感に襲われ、やる気を失ってしまう女性もいるのでは?そうなってしまい、結婚を諦めてしまわないように、婚活で疲れないようにする3つのコツをご紹介します。

1:仕事など他のことでも充実感を得る

「結婚すればOK」という考えは間違っています。結婚は新しいはじまりにすぎません。苗字が変わり、自分の家族を作る生活がはじまるのです。ですから、「結婚すれば勝ち組」と安心できるわけではありません。独身を貫いても人生を謳歌している女性は多くいます。

大切なのは自分が自分らしくいられる人生をおくることです。ですから、いつも「結婚しなきゃ!」と、そのことばかりを考え、結婚相手を選ぶことだけに労力を使っていてはうまくいかなかった時にその反動がきてしまいます。

結婚しても仕事を続けますか?続ける女性は多いですよね。好きな趣味だって続けるでしょう。あなたが自分に自信や誇りをもてる女性でいられれば、自然と輝いているオーラを周囲にふりまけるはずです。それに、自分に自信があれば、ゆとりのある気持ちで婚活にも取り組めます。

「婚活だけ頑張る!」だけではなく、仕事や趣味、友人たちのと付き合いなど、自分の生活を充実させることも大事です。

筆者の年下の友達たちも未婚の人たちはいますが、仕事や趣味にも熱心に取り組んでいます。結婚相手を探していないわけではないでしょうが、毎日充実しているように見えます。

充実感を得られていれば、結婚を焦る気持ちもなく、平常心で、自分に一番あうパートナーを探すことができるでしょう。

2:うまくいかなくても「縁がなかっただけ」と軽くうけとめる

婚活していると、うまくいかないことが多いです。「婚活をはじめてすぐに良い人にめぐりあい結婚」という人は少ないはずです。大勢の男性と会いながらも、ピンとこなかったり、相手から連絡がこなくなってしまったり…ということもよくあることです。

「またふられてしまった」「この人はちょっと嫌だな…」などということが続くと、「結婚は無理かも」と悲観的になりがちです。でも、そういう時は「縁がなかっただけ」と思うようにしています。

思い出してみてください。今まで恋愛をしてきて、一つの恋が終わったあと、また新しい恋がはじまったこともありますよね。「ふられてしまった!」「もう彼以上の人は現れない!」と嘆いても、また新しい素敵な人は現れるものです。

縁がなかったのは、その人以上にあなたにぴったりの人が他にいるということだと考え、ひきずることなく次に行った方がいいでしょう。

3:まずは「彼氏」を作るつもりでのぞむ

婚活でつまずく人に多いのは、「結婚相手を選ぶ」という頭があるせいで、相手へ要求するものが多くなってしまい、ハードルが高くなるということです。

結婚なんか考えずに人を好きになっていた時のことを思い出しましょう。誰かを「好きだな」と思ったら、その人と付き合いたい、と願ったはずです。アプローチし、相手も好意をもってくれたら恋人同士になりましたよね?

この世に完璧な人なんていないんです。でも「婚活」となると、自分にとって完璧な男性を探そうとしてしまいます。だからうまくいかないんです。

まずは「彼氏」を作ってみましょう。「好き」という気持ちを大事にして、まずはお付き合いです。もし、「結婚相手としてだめだな」と思えたらその時はお別れしてもいいでしょう。しかし、好きという純粋な気持ちで付き合いはじめた相手とはうまくいく可能性が大きいです。

お付き合いし、男性についてよく知ることができれば、その恋が終わってもその経験は次の恋や婚活に活かされるはずです。

おわりに

婚活疲れでヘトヘトになってしまっている女性をテレビ番組で観たことがあります。なんだか悲しくなってしまいました。結婚ばかり意識しないで、もっと心のままに自由に恋を楽しんでみればいいのに、と思ったのです。

恋の延長線上に結婚があるのが自然ではないでしょうか。近道がかえって遠回り、ということもあります。まずは、恋人を作って女性として磨きをかけるのが大事かと思います。

(Photo by http://www.ashinari.com/2012/05/01-361581.php?category=265)

この記事で使われている画像一覧

  • 20120611130830 4fd56f3e61ac0

本記事は、2013年10月29日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る