生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon businessビジネス・経済

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 新人研修で役立つ「他己紹介」実践法!

新人研修で役立つ「他己紹介」実践法!

2016年05月11日更新

 views

お気に入り

新人研修をするときには会社の先輩たちに顔を覚えてもらうために「自己紹介」を何度も行うことと思います。ただ、自己紹介する人数が多くなればなるほどマンネリ化していき、話し手も聞き手も飽きてきてしまいます。

そこでお勧めしたいのが「他己紹介」です。自分ではなく相手を紹介するこの方法を使うと、相手のことをしっかり伝えなければならないという使命感に駆られて、話し手側に緊張感が生まれるからです。そして、他己紹介をすることによって、ペアになった相手のことを深く知ることができるので、自己紹介以上にメンバーのことを知る機会を作ることができます。

それに、他己紹介ならば紹介を聞く人達も今までとは違ったやり方だということで新鮮な気持ちで見ることができると思うので、普通の自己紹介よりも楽しむことができるのではないかと思います。特に用意するものもないので、この記事を読んだらすぐにやり始めて見ましょう!

他己紹介のやり方

他己紹介のやり方はいたって簡単で、二人一組になってお互いに10分間ずつ自己紹介をしてから、その内容を聞いた相手がみんなに紹介するというものです。しかし、ただ自己紹介し合うだけでは、他己紹介をする意味がありません。そこで、ここでは自己紹介をし合う際に大事なポイントを3つ紹介します。

POINT1:話し手は、周りとは違う自分の個性を伝える

ゴールは、ペアの相手が自分の魅力を余すことなく紹介することです。

なので気をつけることは、相手が自分のことを紹介しやすいように、自分独自の個性を伝えることです。例えば、歌とダンスとモノマネが得意だという人がいるとします。しかし、これだけの情報だと他の人とかぶってしまうかもしれませんよね。でもここに、あるアイドルが好きでその人が歌とダンスとモノマネが好きだ、という情報が重なると少しその人の個性が見えてきます。

好きなものや特技、経験してきたことは人と似ていたとしても、その裏で考えていたことは人によって全く違うはずです。話を聞いている人もそこの部分で周りとは差別化して、あなたのことを覚えていくことになると思いますので、個々の部分を明確にして伝えられるようにしましょう。

POINT2:聞き手は、話しやすい雰囲気を作る

聞く側は相手が話しやすいような雰囲気作りを心がけましょう。

なぜなら、ほぼ初対面の人相手なので、話す側も強ばっている可能性が高いからです。例えば、相手が話しやすいように質問を工夫したり、できるだけ相槌や笑顔を織り交ぜていくと、少しずつテンションが上がっていき、深い話もしやすくなっていくのではないかと思います。

POINT3:聞き手は、他己紹介する前に要点を整理する

みんなの前で他己紹介をする前に、みんなに分かりやすく伝わるよう、聞いた内容の要点をまとめて整理しましょう。

要点をまとめる事によって、聞き手の印象に残るような紹介をすることができるようになります。思いついた端から話していくという冗長な紹介をしてしまうと、聞き手はどこに大切な情報があるのかを判断することが難しくなってしまいます。その人の魅力を端的に表す言葉(結論)を最初に話し、それを補足する形で説明をすると、聞いている相手に分かりやすく伝えることができます。

おわりに

「他己紹介」は、社会人の基礎として必要な「伝える」能力を養成する研修です。

「自己紹介」では上手に「話す」ことだけに意識がいってしまいますが、「伝える」ために必要な能力は「話す」だけでなく「聞く」「見る」「表現する」ことです。「他己紹介」をすることで、相手の魅力を聞き出す、相手の魅力を見つけようと話しているところを一生懸命見る、魅力を相手にうまく伝えようと表現するといったことを、ゲームを通じて行うことで、これらの能力の重要性を自然と身に付けることができます。

実際に行ってみると、相手のことを普通に話しているとき以上に知ろうとするため、「それで」など次を促す言葉が出てきてコミュニケーションが密になり、相手の魅力をたくさん聞きだすことが自然とできます。

「自己紹介」の手間も省け、まさに一石二鳥の研修といえます。

(Photo by http://www.ashinari.com/2010/06/06-337309.php)
(image by amanaimages)

この記事で使われている画像一覧

  • 20120612174758 4fd7023e7c162
  • 28d19614 e0c5 43b2 8479 309c186a04cc

本記事は、2016年05月11日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る