生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4. パソコンをつけっぱなしにしておかないための工夫

パソコンをつけっぱなしにしておかないための工夫

2012年06月12日作成

 views

お気に入り

パソコンはかなり電気代を食う電化製品です。うっかり消し忘れた!なんてことが続くと、思った以上の請求が来ることになります。

この記事では、そんなことにならないよう「パソコンをつけっぱなしにしておかないための工夫」を紹介します!

パソコンの電源を消して電気代を節約しよう!

「休止状態」を活用しよう

パソコンをつけっぱなしにしてしまう理由として、「プログラムを終了させるのがめんどくさい」というのがあります。何個も動いているソフトを確認して、保存して、終わらせて…これ、結構手間がかかりますよね。

そんな人におすすめなのが、「休止状態」!パソコンを使い終わった後これを選べば、そのときの状態をパソコンのメモリに保存したまま電源を切ることができます。

メモリは動いているので正確には電源OFFとは異なりますが、消費電力は電源ONのときと比べれば段違いです!

パソコンの電源設定を変えよう

パソコンをつけっぱなしにしてしまう大きな理由がもう一つあります。それは、「うっかり」です!パソコンを使ってる途中に電話が来た、お客さんが来た…そんな理由でうっかりつけっぱなしにしてしまうこと、ありますよね。

そんなときのために、電源の設定を変えておきましょう。

1: 「コントロールパネル」から「電源オプション」を開きます。

2:左側の「ディスプレイの電源を切る時間の指定」を選びましょう。

3:この画面では以下の設定ができます。

  • ディスプレイの電源が切れるまでの時間
  • パソコンがスリープモードに入るまでの時間

ここで設定しておけば、うっかり電源を切り忘れたときも、パソコンがつけっぱなしのままなんてことはなくなりますよ!

電気代の見直しはまずパソコンから!

以上、電気代の節約のための、パソコンをつけっぱなしにしておかないための工夫を紹介しました。色々な節電方法もありますが、こういったろころから電気代を節約するのもいいと思いますよ。

パソコンを使っている方は多いと思いますので、ぜひ実践してみてくださいね。

(image by 足成)
(image by 筆者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20120610222156 4fd49f74adf07
  • 20120610221801 4fd49e89cbe3c
  • 20120610221816 4fd49e9835060
  • 20120610221855 4fd49ebf5245c

本記事は、2012年06月12日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る