生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon wedding結婚

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6. 自分を一番輝かせる、ウエディングドレスの選び方

自分を一番輝かせる、ウエディングドレスの選び方

2012年06月11日作成

 views

お気に入り

はじめに

結婚式の主役、それはやはり花嫁さん!主役である以上、どんな装いでも見る人を感動させるものですよね。

しかし、人生で一度きりの機会だからこそ、自分自身が満足しなきゃ意味がありません!今回は自分を一番輝かせてくれるウエディングドレスの選び方を、筆者の経験をもとに、ご紹介していきます。

自分を一番輝かせる、ウエディングドレスの選び方

その1:ドレスの種類

ウエディングドレス、と言えど、その種類は数知れず。Aライン、マーメイド、スレンダー、プリンセスetc・・・その中で、自分に合ったドレスを選ぶには、どうすれば良いのでしょうか?

まず、自分のイメージするウエディングドレス像が、どの形に近いか、事前に雑誌などを参考にしてみましょう。

本屋に行けば、数多くのウエディング雑誌が並んでいます。片っぱしから読むのも良し、気になった特集が掲載されているものを選ぶも良し、とにかくウエディングドレスとはどんなものだ!?を、学びましょう。

ただし、長時間の立ち読みは控えましょう!気になる本があれば購入して家でじっくり研究するようにしましょう。

また、映画やドラマが好きな人は、ウエディングをテーマにした映画やドラマを見るのも、非常に勉強になります。自分のイメージするウエディングドレス像をイメージする、これぞ、ドレス選びのスタートなのです!

その2:ドレスの色

意外と盲点なのが、ドレスの色

「ウエディングドレスと言えば、やっぱり純白!」と思う方も多いでしょうが、黄色人種の日本人の肌には、イエローベースも非常にフィットするものが多いようです。実際に、筆者もイエローベースのものを選びました。

ひとくちに「白」と言っても、上記に挙げたイエローベース、ブルーベース、アイボリーシャンパンなどその種類は様々。ウエディングドレス=純白、という固定観念を捨て、とにかく色々な色のドレスを肌にあててみてください。その中で、一番自分の肌を、綺麗に見せる色を選ぶ事が、ポイントです。

その3:体型に合った形

色と同様、その種類が多いのが、ドレスの形

筆者の場合は二の腕が太いのがとにかく気になっていたので、オフショルダーの様に、二の腕に生地がある方が綺麗に着られると思っていました。しかし、その考えは全くの間違いで、オフショルダーは逆に二の腕を太く、短く見せてしまうようです!一方、ビスチェ(チューブトップ型)の様に、思い切って二の腕を出す形の方だと視線が肩やデコルテに向けられやすくなるため、気になる二の腕をスッキリ見せてくれます。

ドレスコーディネータさんが持っている知識を存分に聞きだし、ご自身の体型に合った一着を選びましょう。

その4:自分のアピールポイントは?

さて、最後はドレス選びで筆者が一番大切だと思うことです。

それは、主役である自分自身が、ウエディングドレスを着て何を見せつけてやりたいのか、です。

筆者は、ぽっちゃり体型は上手く隠しつつ、背が高いことを上手くアピールしたいと考えていました。そのため、まずは二の腕を細く見せる為、ビスチェタイプを選択。背の高さを活かすために、つま先が出てしまうドレスは片っぱしからNGを出していきました。裾の長いタイプも、足長効果があります。

とにかく、コーディネーターの方を質問攻めにしましょう。主役はあなたです。とにかくワガママになって、こだわってください。

おわりに

人生で一度きりの結婚式。ぜひ、こだわり抜いた自分のお気に入りを選んでください。

皆様の結婚式が、人生で一番輝かしい一日になります様に。

(Photo by レイチン)

この記事で使われている画像一覧

  • 20120611110513 4fd5525918675

本記事は、2012年06月11日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る