生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon travel旅行・おでかけ

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 2012年国内線3社が運航開始!LCCで格安な空の旅をするための基礎知識

2012年国内線3社が運航開始!LCCで格安な空の旅をするための基礎知識

2013年10月31日更新

 views

お気に入り

はじめに

長いお休みにはどこか遠くへ旅に行きたい。でも飛行機は高くてなかなか頻繁にはいけません。

そんなみんなの抱える悩みを解決してくれる格安航空会社のことを、LCC(ローコストキャリア)と呼びます。

2012年は国内線で3社が運航開始することもあり、今回は国内線に絞り、その特徴を説明したいと思います。

LCCの特徴

安さについて

LCCの最大の特徴はその安さです。各社様々な取り組みを行っていますが、基本的に機内食などのサービスをカットしたり、チェックイン手続きを自動化したりするなど、徹底的なコスト削減で格安運賃を実現しています。

JALやANAと同じサービスが受けれるわけではないので、安い理由を理解した上で利用しましょう。

安全面について

安かろう悪かろうという言葉があるように、あまり安いと安全面への根拠のない不安が出てくると思います。

とはいえ、LCCはマーケティングコストやサービスコストの削減を行っているものの、整備・安全面のコスト削減を行なっているわけではありません。

それでも気になる人は、下記のような記事・情報をいくつか読んでみるとよいでしょう。

LCC特集:LCCの安全性は大丈夫? - 地球の歩き方 エアラインプロフィール

LCC(格安航空会社)の安全性に関する記事まとめ - NAVER まとめ

国内線LCC一覧

ジェットスター

画像:ジェットスター公式HPよりキャプチャ

ジェットスターはオーストラリアのカンタス航空傘下のLCC。価格で絶対負けない宣言をしており、他社が値引きをするとさらに値引きをしてくる。

  • 成田←→札幌・福岡・沖縄 (7月3日就航)
  • 成田←→関空 (7月9日就航)

エアアジア

画像:エアアジア公式HPよりキャプチャ

アジアのLCCで大きな成功を収めている黒船。5円で帰省(すでに完売)など、威勢の良いキャンペーンを仕掛けてくる。

  • 成田←→札幌・福岡(8月1日就航)
  • 成田←→沖縄 (8月3日就航)

スカイマーク

画像:スカイマーク公式HPよりキャプチャ

老舗の和製LCC。安全面の支障で国交省に厳重注意を受けたり、機内での苦情は受け付けません発言で東京都から抗議されたり、マイナスの話題が続いている。

  • 成田←→札幌・福岡・沖縄 (就航中)
  • 関空←→札幌・沖縄 便(就航中)

ピーチ

画像:ピーチ公式HPよりキャプチャ

機体がピンクなのが特徴。ANAが出資している。

  • 関空←→札幌・福岡・長崎・鹿児島 (就航中)
  • 関空←→沖縄(2012年就航予定)

ソラシドエア

画像:ソラシドエア公式HPよりキャプチャ

スカイネットアジア航空が運営。

  • 羽田←→長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島(就航中)
  • 那覇←→長崎・熊本・宮崎・鹿児島(就航中)

スターフライヤー

画像:スターフライヤー公式HPよりキャプチャ

早朝、深夜運航が有名。羽田23:30発、北九州1:20着便などがある。

  • 羽田←→福岡・北九州・関空(就航中)

終わりに

LCCによる国内線の競争は始まったばかり。安さだけでなく、サービスの品質も含めて業界全体が成長していくと、私たちも今よりもさらに快適に利用できるようになると思います。

まずは一度、試してみてはどうでしょうか?

photo by 足成

この記事で使われている画像一覧

  • 20120607235813 4fd0c18532660
  • 20120607235957 4fd0c1ed3c5be
  • 20120608000129 4fd0c2494ab08
  • 20120608000346 4fd0c2d2b840c
  • 20120608000523 4fd0c333ea125
  • 20120608000714 4fd0c3a288478
  • 20120608000927 4fd0c427cf522

本記事は、2013年10月31日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る