\ フォローしてね /

切り花を長持ちさせる方法

プレゼントでいただいた花束。

花瓶にも入れて、水も換えているんだけど 何故かすぐ枯れる。

もう少し長持ちさせられればなぁ…そんな方は必見です。ちょっとしたコツを覚えておくだけでだいぶ違います。

こちらも参考までに。

切り花を長持ちさせる方法

1:常にきれいな水に活けること

詳細な方法はこちらをご覧下さい!

2:直射日光が当たらない、できるだけ涼しいところに置く

玄関など、できるだけ涼しいところに置いてください。リビングや、太陽の光がよく入る部屋に飾るときは、比較的早く枯れることを覚悟して置きましょう。

3:冷暖房の風を当てない

人間と同じで、ずっと風あたっているとお花も弱ってしまいます。冷暖房のきいた部屋に置く場合は、風が当たらないところに置きましょう。

4:葉の裏側に霧吹きで水をかける

根のない切り花は、十分な栄養をとることができません。そこで補充として葉の裏側から、霧吹きで水をかけてあげます。

このとき、花には水がかからないように気をつけましょう

5:枯れた部分を早めに取る

枯れた葉っぱや花びらは、できるだけ早く、こまめに取りましょう。

6:余分な葉っぱや小さなつぼみを適度に取る

栄養をできるだけ行き渡らせるために、枯れていなくても余分な葉っぱや小さいつぼみは適度に取ったほうがベター。

葉っぱを取りすぎると光合成ができなくなるので、全部は取らないでください

延命剤を使うのも手

手間をかけたくない人は、延命剤を使うことが一番効果が期待できるかもしれません。かなり薄めて使用するので、小さいものが一本家にあるだけでも便利です。

(image by amanaimages)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。