生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon hobby趣味・娯楽

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 信じるものは救われる?金運&運気アップのおまじない

信じるものは救われる?金運&運気アップのおまじない

2012年06月07日作成

 views

金運アップのための様々なもの、おまじない、興味を惹かれますよね!今回は、筆者が実践している主なおまじないについてご紹介します。

筆者はスピリチュアルの考え方に興味があり、独学で調べたりしています。今回はそれらに関するオススメのおまじないを紹介するものです。
ここでの金運はお金だけではなく、豊かさ(お金そのものではないけれど、本人にとって大切な物や、もらい物など)も指します。科学的でないものや、少しでも儀式めいている記述などがございますので苦手な方は注意してください。また、効果が保証されているようなものではないこともご理解ください。

目次

筆者が実践する金運・運気アップのためのおまじない

お願いやおまじないをする前に知っておいてもらいたいこと

筆者はおまじないと一括りにしていますが、スピリチュアルの考え方にもちょっと関係しています。これは宇宙や地球、お月様、そして神様に感謝をし、また助けやサポートを願う、というのがまず根底にある考え方です。

この事をまず覚えておいて頂くと、今回ご紹介のおまじないで、なぜこんな事をするのか?という理由が飲み込みやすくなると思います。

もちろん、スピリチュアルを知らないとできないものでも、オカルトめいたものでもありませんので気軽にやってみてください。

お願いの仕方の基本について

基本のお願いの仕方です。

お願いをする際は、自分自身を「絶対に幸せになる!」「私はこれができる、できた!」となるべく具体的にイメージし、「自分はもう幸せになったんだ!」とまず確信(安心)します。簡単に言うとポジティブ思考になりましょう。

この時、全宇宙があなたの味方と思って下さい。そして願いが叶った時、どんなに自分が幸せな姿でどうしているのか、それも具体的にありありと思い描きます。頭の中で幸せ感もたくさん味わい、最後に叶えてくれてありがとうと感謝します。現実にまだ叶っていなくても、叶えてくれてありがとうと先に言う、また思ってしまいましょう。

このように、お願いをする際はまず先に望みが叶った時の事を考えて幸せに浸り、感謝もしてしまいましょう。

そのためには、以下ようなやり方をします。1人でやっていると笑ってしまいそうですが、楽しくイメージしましょう。

文章もイメージも確定した形にする

この時のお願いの仕方は「○○が叶いました!ありがとう」という感じでの言葉、思いで行いましょう。つまり、願いの言葉は全て確定した形にするのです。

よく「○○になりますように」という願い方がありますが、それだと幸せを追いかけている自分になりたいと願っている事になってしまうので、ご自身の自由ですがオススメしません。

○○になれました!というような確定系にしましょう。これらがお願いの仕方の基本になります。

1:新月の日にお願いする事と、満月に感謝する事

新月のピーク後にお願いをすると、願いが叶いやすいと言われています。ここでは願いを文章を書くのですが、ピーク時を過ぎてから書くようにしましょう。

新月、満月ともに、ピークの時間はその日によって異なりますので、ご自身でその都度、お調べ下さい。

やり方

まず、きれいな紙に願い事を2個以上、10個まで、手書きで願い事を箇条書きにします。文章は確定系です。なるべく2個以上は書いて下さい。先に書いてからポジティブイメージでも、書きながらでも、書いた後にでも大丈夫です。イメージをした後は感謝を忘れないで下さい。

そして、願いは1カテゴリーにつき1つまでにしましょう。2個以上にするために、同じ願いを違う文章にして書かないことが大切です。

書き終わった後の紙は、何か汚れてないきれいな物にしまい、所持しておきます。書き直しはいくらでも可能です。次の新月には別の新しい紙に書きましょう。書いた日の日付と時間を書くと良いと聞き、筆者はやるようにしています。

お願いの仕方と文章の書き方は、お願いの仕方の基本についてを参照して下さい。

満月に感謝する

次は満月の日です。満月から新月までの期間は感謝をし、願いの執着心から手を放す時期です。

新月の時に願ったお願いについて、ここまでは「叶いました!ありがとう」というように、願ったことが叶ったと思ったポイントを見つけて報告し、感謝します。これは文章に書いても書かなくてもOKです。書くと良い、と一部では聞きましたが、お好みで良いでしょう。

書いた願いがちっとも叶わない場合

書き方に問題があったり、詳しく書きすぎだったり、いきなり段階をすっ飛ばした願いをしている、などの可能性があります。

例えば、「私はこうなってからこうなる!」と段階を事細かく指定している場合。まず最終的にどうなりたいかを考え、それまでにたどるであろう一番最初の通過点をイメージしてみます。

例えば学校に行きたいなら、初めは受験。それが第一段階ですが、まずはそういうものを通過する事についての願いから書きましょう。

もちろん、お願いをした後に、自分でできる努力もきちんとしなければ叶うはずはありません。

注意

ネガティブなお願い事、人の気持ちを操作するような願い事は叶いません。「○○さんが私を好きになりますように」などの願いや、人の不幸を願うもの。そして、自分以外の人の願い事などは叶いにくいとされています。

「私は~」から始まる、自分の願い事を書きましょう。

2:満月にお財布を振る

2つめのおまじないです。こちらは俗に金運アップとして知られている、満月の時にお財布を振るというものです。

まず、今使っているお財布の中身を全部空にします。レシート、カード、お金も全部出します。そして、満月の方に向かい、中身が空っぽなのを証明する時のようにお財布を逆さまに持ち、ぱっぱと上下に振りながら「今月も収入がありました!ありがとうございます!」と感謝します。

今月の収入については、もし何も収入がなかったとしてもありましたと言って下さい。そして感謝です。

曇りや雨の日でも、空に向かって行えばOK です。家の中からでも大丈夫。

実践してみた感想

筆者は満月のお財布振りをした後、その当日や次の日に「今日は事情でうなぎをとるの~」なんて家族から知らされた体験があります。この時は「早いな~」と感心しましたが、他にもお願いをしてからは、家でもらい物が増えたり、家族からちょろっとお小遣いをもらえたなど、実感しました。

新月のお願いについても同様で、すぐ叶った事もあれば、逆に長くかかったなあというものまでありました。筆者的には新月の方が、叶うまで少しゆっくりめなのかなという印象があります。

このように、すぐ叶う事もあれば、まだそうでもないという事もありますが、気長に続けてみて下さい。書き方や祈り方を間違えていないか、チェックするのも忘れずに。

参照元サイトココリラ
記事を見たい方は、サイトトップページ右上のサイト内検索から満月、新月、おまじないなどで検索をして閲覧下さい。サイトさんに許可を頂いてからリンクを張っています。スピリチュアルについても記載があるサイトさんです。苦手な方はご注意下さい。

おわりに

今回ご紹介のものは、ネットで検索するとたくさんヒットするくらい知られているものですが、人により、多少やり方は違います。筆者も検索して調べたりしました。自分なりのやり方を見つけてみて下さい。

どんなおまじないでもとにかく大切だと思うのは、見返りばかりを求めてやるのではなく、きちんとした気持ちで感謝もする事だと思います。

日頃の感謝を忘れず、楽しい事を考えながら、お願いしてみて下さいね。

(Photo by http://www.ashinari.com/2012/05/06-361703.php)
(Photo by http://www.ashinari.com/2009/09/01-027315.php)
(Photo by http://www.ashinari.com/2011/04/03-346333.php)
(Photo by http://www.ashinari.com/2011/07/10-348330.php)

この記事で使われている画像一覧

  • 20120601185742 4fc8921658b3c
  • 20120601190318 4fc893660b595
  • 20120601190851 4fc894b31225b
  • 20120601191108 4fc8953c33d10

本記事は、2012年06月07日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る