生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon wedding結婚

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 私がCafe Ringの指輪にした理由

私がCafe Ringの指輪にした理由

2015年03月03日更新

 views

お気に入り

はじめに

筆者と妻が結婚指輪として選んだのは、Cafe RingのNoelという指輪です。

Cafe Ringというブランドは、おそらく有名ではないでしょう。

事実、筆者たちも街中で偶然このお店を見つけるまでは、名前を聞いたことすらありませんでした。

この店に入った理由

結婚指輪を探すために、百貨店巡りばかりしていた筆者たちですが、大阪市内の百貨店をほぼ全て回り、気に入ったものがなくて途方にくれているときに見つけたのがこのお店でした。

ジュエリーショップなのに気取った感もなく、非常に入りやすい雰囲気でしたので、自然と店内に足が向きました。

驚いたことに店内でお茶までご馳走になり、落ち着いた雰囲気で指輪を見ることができました。

あとで店長さんに聞いた話ですが、カフェのようにくつろげる空間を目指しているために、このような店名になったとのことです。

ここの指輪に決めた理由

デザインが狙いすぎていない

筆者たちが結婚指輪に求めるデザインは、ありふれたものは嫌だが、個性の強すぎるものも嫌、という微妙なものでした。

ここの指輪は、オーソドックスな形状ですが、ストーンの並べ方や、ぼかしの入れ方でオリジナリティを主張するという、筆者たちの要望にぴったりの指輪が多かったのです。

男性も付けやすい

指輪を選ぶときにはどうしても女性主導になりますので、男性が不満を持つことが多いと思います。筆者も百貨店巡りをしているときは、メンズの指輪のデザインに気に入ったものがなく、それが悩みの種でした。

Cafe Ringの指輪は、メンズの方のデザインを重視したものが多く、わたしも指輪選びに熱心になることができました。

妻も筆者の意見を優先的に聞いてくれ、私の希望である「ぼかしとねじれの入った指輪」に決定しました。

予算内に収まった

指輪の値段は二人で30万円ほどで、自分たちの予算にちょうど収まる価格でした。

おわりに

結婚指輪は毎日つけるものですので、飽きの来ないデザインのものが選べて満足しています。

メンズの指輪もファッション用品としても格好良いので、自主的に毎日つけています。

(Photo by bearpapa)

この記事で使われている画像一覧

  • 20120606182818 4fcf22b214806

本記事は、2015年03月03日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る