生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon hobby趣味・娯楽

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6. ぽっちゃりさんが水着を選ぶポイント4つ

ぽっちゃりさんが水着を選ぶポイント4つ

2012年06月06日作成

 views

お気に入り

はじめに

これから夏に向けて海水浴やプールなどといったレジャーシーズンになりますね。友達や彼氏に誘われたり、お子さんや旦那さんと一緒に家族で出かけることも多くなるでしょう。

昔の水着が着られれば良いのですが、我に返って自分の体型を見てみると、この水着で大丈夫だろうか…と悩み始め、そんな事を考えているうちに行くことですら躊躇してしまうことも・・・。

でもどうしても海やプールに行きたい。そんな人でも可愛く体型をカバーする水着を探すポイントをご紹介します。

この記事では「女性向け」の水着を選ぶポイントをご紹介しています。

ぽっちゃりさんが水着を選ぶポイント

ポイント1:露出度が高いビキニは避ける

ビキニだと露出度が高すぎます。選ぶなら、ワンピース、もしくタンクトップビキニにしてください。

ワンピースもタンクトップビキニもお腹が隠れるので、たるんだお肉をそのまま見せずにすみます。

ポイント2:フリル

特にお腹周りが気になる方は、胸の下から腰にかけてフリルがついている水着を選びましょう。

ぽっちゃりさんの体型で、お腹周りの一番細い部分は胸の下、太い部分はへそのあたり、というサイズになっていることが多くありませんか? フリルはちょうどお肉に合わせて、生地のゆとりを作ってくれますので、お肉のたるみを隠してくれます。

ポイント3:縦ライン、斜めボーダー

柄は縦ラインの切り替えが入っているもの、斜めボーダーなどもオススメです。

この二つは視覚効果によるものです。縦ラインの切り替えは体を細く見せる効果がありますし、斜めボーダーも体のラインがスッキリみえます。

ポイント4:ボトムス選び

お尻も気になる方は、お肉がうまく隠れるデザインの水着を探しましょう。

ワンピースの場合はAラインのデザインを選んでください。腰回りとお尻が隠れるものだと安心感があります。タンクップビキニなら、多くはボトムスがショートパンツですね。ショートパンツはあまりピチピチしたものではなく、ある程度のゆとりと丈のあるものだとお尻も太もものムッチリ感も防げます。

注意点:サイズはピッタリで

洋服や下着を無理して小さいものを装着したときの状況と同じで、水着も小さめのものを着ると、体に食い込んしまいお肉がはみ出ます。

特に背中などは要注意です。おまけに締め付け部分が苦しいですよね。これではせっかくのレジャーも台無しです。サイズはピッタリのものを選んでください。

最後に

4つポイントを挙げましたが、お店に行く前にインターネット上に掲載されている水着を見てイメージを膨らませるのもポイントです。

どんな水着が良いかイメージができていないと、その時に可愛かった水着などを選んでしまい、自分の体型にあった水着とは違ってしまうこともあります。ネットで探す際は、"水着 体型カバー"、"水着 大きいサイズ"、"水着 ショートパンツ"などといった検索ワードでヒットした商品と、似たようなデザインの水着をお店でも探してみましょう。

なかなかお店に行く時間がない方は、そのままネットで購入するのもオススメですが、サイズやイメージと違っていた場合に返品できるか事前に確認してくださいね。今年の夏こそ、楽しい時間を過ごしましょう!

(illustration by 著者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20120603113612 4fcacd9ce7f31

本記事は、2012年06月06日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る