生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon family家族・人間関係

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 相談を受けたときの対処法

相談を受けたときの対処法

2012年08月22日更新

 views

お気に入り

はじめに

ストレス社会と呼ばれる現代、友人や同僚から相談を受けることも多いのではないでしょうか。

今回は心理学の立場から相談の上手な対処法をご紹介します。

相談を聞く時の姿勢

とにかく聞こう

相談者の話を途中でさえぎったり、自分の意見を言ったり、相手を批判することなく徹底的に聞いてあげましょう。

共感し、そして理解する

相手の立場に立って、彼らがどんな風に感じ、考えているかを正確に、共感的に理解しましょう。

問題から生じる苦悩、悲しみや怒りを共有することで、少しでも相手の気持ちは楽になるはずです。

無条件に相手を肯定する

たとえばあなたが恋人に浮気をされて落ち込んでいるとき、友人に「恋人を許せそうも無い」と漏らしたとします。

「そうだね。辛かったね」

と言われるのと

「相手も悪いがあなたにも非があったのではないか。許す許さないはそれからだ」

と言われるのではどちらが良いでしょうか。

後者も正しいアドバイスには違いありませんが、追い詰められている人間にとってはストレスでしかありません。

相談者の感情や、行為、思考を分析的に判断したり、評価、批評することはせず、相手がどんな状態であっても一人の人間として尊重し、そのまま受け入れることが重要です。

また、他人から理解され難い悪い感情や、苦痛に満ちた感情、怯えなどを受け入れることで、相談者はどんな自分を見せても大丈夫なのだと感じて安心するでしょう。

ただし、「死にたい」「殺してやる」などの反社会的な発言まで受容するかというと難しいところです。その場合は、その行為自体には賛成できないことを伝えた上で「気持ちは理解している」ことを伝えるとよいでしょう。

おわりに

以上の項目は相談を受けるための方法のひとつでしかありません。

心理学者ロジャース曰く
『人間はどんなに困難で苦痛な心理状態や生活環境にあっても、自分の内部に自分を回復させ成長させる傾向を持っているもの』

しかし、あまりに相談者が追い詰められ苦しんでいる場合には迷わず医療機関や相談窓口を頼りましょう。

(Photo by 足成

この記事で使われている画像一覧

  • 20100818215741

本記事は、2012年08月22日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る