\ フォローしてね /

クリーニングから戻った冬物コートの保管方法

衣類の手入れは面倒ですが、長く着続けるためには正しく扱わなければいけませんね。クリーニングに出して戻ったらそのまま、という人も案外多いのではないでしょうか。

キレイになったのだからいいじゃないの?と思うかもしれませんが素材によっては返って傷めることになるので注意が必要です。

そこで今回は冬物のコートをクリーニングに出して戻った後の保管方法を紹介します。

用意するもの

  • ジャケット用ハンガー
  • カバー
  • 防虫剤

クリーニングから戻ってから保管まで

STEP1:ビニール袋を取って風を通す

クリーニングの袋を着けたままにしておくと、通気性が悪くカビやシミの原因になります。すぐにビニール袋をはずして風通しをします。

STEP2:ハンガーを付け替える

クリーニング店の針がねのハンガーは型崩れの素になります。ジャケット用の肩部分のしっかりしたハンガーに掛けましょう。

STEP3:カバーをつけ防虫剤を置く

不織布のような通気性のあるカバーをしておくとホコリよけになります。防虫カバーまたはクロゼット用の防虫剤があれば安心です。

おわりに

特にウールやカシミヤなどのコートは防虫対策をしっかりする必要がありますね。せっかくの大事な衣類、長く着られるように気をつけたいものです。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人
このライフレシピに関係するタグ

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。