生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon mentalメンタル

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 人見知りを隠す、4つのポイント

人見知りを隠す、4つのポイント

2014年07月27日更新

 views

お気に入り

はじめに

初対面の人に会うと、心臓バクバク!顔が真っ赤!うまく喋れず、黙り込んでしまう……。人見知りってつらいですよね。

人見知りを克服する方法は、書籍になったりネット上でも話題になったりしているみたいですが、実際、自分を変えるのって難しいですよね。

そんな方のために、人見知りを隠す方法を紹介します!

具体的なポイント

その1 口角を上げて、待機!

人見知りの人にとって、自分から話しかけるのはちょっとハードルが高い…。それなら、話しかけてもらう工夫をしてみましょう。

話しかける方の立場で考えると、仏頂面でいるより、明るい顔をしている人の方が話しかけやすいですよね?伏せ目をやめて顔を上げ、口角を上げてみましょう。それだけで、話しかけやすい人になれます。

口角を上げる方法は、唇の両端に上に向かって少しだけ力を入れます。自然になるように鏡の前でちょっと練習してみてください。

その2 話しかけられたら、笑顔!

話しかけられても、緊張するし、何を話したらいいか分からない…、思わず下を向いてしまう。よく陥りがちですが、ここでもう少し頑張ってみましょう。

話しかけられたら、まず、「話しかけてもらって嬉しい!」という笑顔をちょっと無理をしてでもつくります。印象がかなり違ってきますよ!

その3 聞き役にまわる!

緊張してうまく喋れず、どもってしまうのが気になるなら、聞き役にまわりましょう。

上手な聞き役のポイントは3つです。

  • 相手の話に興味があります!という表情をつくる
  • 合いの手を入れる。頷いたり、首をかしげたりといったアクションも効果的
  • よく知らない話題になったら「それ、何ですか?」と聞いてみる。

その4 話題がとぎれてしまったら

ふっと話が途切れてしまって、気まずくなってしまった時は、以下のような小さな一言で場を和ませましょう。

  • 天気・天候の話
  • 場に合ったニュースを口にしてみる
  • 相手の持ち物を褒める
余裕があれば、一言の最後を疑問系にしてみましょう。
例えば、「最近暑いですね。夏バテしていませんか?」「その○○すてきですね。○○買うのにおすすめのお店ってありますか?」
そこから話題が広がります。

さいごに

ほんのちょっとの工夫で、第一印象は変わります。後々、「実は人見知りが激しくて…」と告白しても、「そうは見えなかったよ!」なんて言ってもらえますよ!

人との出会いを楽しめるように、少しだけがんばってみましょう!

(Photo by 足成

この記事で使われている画像一覧

  • 20100822145413

本記事は、2014年07月27日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る