生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon family家族・人間関係

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6. 不貞行為をしてしまった夫の愛を取り戻す為の3つの心構え

不貞行為をしてしまった夫の愛を取り戻す為の3つの心構え

2012年05月30日作成

 views

夫の不貞行為発覚から妻の苦悩が始まります。「まさか?」「なぜ?」
「本気なの?」裏切られた怒りとともに、寂しさ不安が妻を苦しめます。

夫の一般的な気持ちを分析しながら、貴方の解決の
心構えとして参考にして下さい。

目次

ポイント1: 問い詰めたい気持ちを封印する

夫の心理:
仕事に疲れ、家庭で癒されず、心の癒しを相手に求めている。理性では理解していたが不貞行為に至ってしまった。

罪悪感と後ろめたさがあるから、嘘をついて隠しているのです。

問い詰められると、一層強く罪悪感を感じなければならないので、妻から離れたい、避けようとします。逆ギレして妻をなじったりすることもあります。

腹が立っても、知らん顔して嘘にだまされてあげましょう。夫は「嘘がばれなくてよかった」よりも次第に「自分を信じてくれている妻」に「申し訳ない、自分がいけない」と後ろめたくなるものです。

ポイント2: 両親に相談しない

夫の心理:
親に咎められ、別れる約束をした。けれど、家庭に自分の居場所はない、家族と向き合う事が辛い。

無理矢理引き裂かれた思いのままでは、夫の愛を取り戻せません。家庭で癒されない夫は不機嫌なまま。貴方は幸せを感じられません。

一人で悩みを抱えているのは辛いままなので、吐き出すだけで楽になりますよね。しかし相談相手は慎重に選んで下さい。

ポイント3: 夫婦の幸せのため感情をコントロールする

夫の心理:
不貞行為がばれて、「すまなかった」「反省している」。妻はまだ「疑っている」「ことある度に話を蒸し返す」「辛い顔をしている」妻といて幸せになれるだろうか?愛が薄れていく…

別れると断言しても、相手との感情の駆け引きがあります。関係を続けたい相手なら、妻の態度とは真逆に、夫に優しく包むような愛を注いでいるのです。

男性は「笑顔でいてくれる」「優しい」「自分を愛してくれる」女性を愛し、守りたいもの。「自分は愛されていない」と自信を失ったり、相手と自分を比べて不安になったり、ネガティブな気持ちにならないコントロールが大切です。

おわりに

もう一度絆を深めるには、パートナーの夫をみるより、自分自身をみつめることが大切ではないでしょうか?夫に愛されていた自分を取り戻すよう努力も大切ですね。

(Photo by 著者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20120525163154 4fbf356a86a51

本記事は、2012年05月30日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る