生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon travel旅行・おでかけ

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6. カナダで生活する際に気をつけたいポイント

カナダで生活する際に気をつけたいポイント

2012年05月29日作成

 views

カナダで生活する際に気をつけたいポイント

国際電話の仕方を覚えておく。

もちろん日本からのかけ方とカナダからのかけ方の両方。国際通話に対応している携帯電話を持っていない場合、カナダではコーリングカード(有料)というテレフォンカードみたいのがないと、国際電話できない。

機内に持ち込む精密機械(パソコンや携帯電話)は充電しておく。

検問を通るときに、電源を付けろと要求された場合に、充電されておらず電源が入らない場合、色々と大変です。

運転について

カナダで運転する場合は事前に国際免許を取っておきましょう。IDにもなるので便利です。

しかし、レンタカーは日本の免許証でも借りる事が可能。

ちなみに酔っぱらい運転は日常茶飯事なので、常時周りの変な動きには気をつけましょう。

飲酒について

カナダは野外での飲酒は違法です。お酒を飲める年齢は州によって違います。

例:アルバータ州18歳、ブリティッシュコロンビア州19歳

飲酒 | カナダ留学生活情報

お酒を買うにはIDが必要。IDはパスポートや国際免許証を提示でOKです。

また、 クラブやバーに入るにもIDが必要。場所によってはIDを2つ以上提示を求められます。

タバコについて

日本からタバコの持ち込みは制限があるので、制限を超えると高い税金を払う事になります。事前に制限数を調べておきましょう。カナダでタバコを買うにはお酒同様、IDが必要。IDはパスポートや国際免許証を提示でOKです。こちらも喫煙可能年齢も州によって異なります。日本人(東洋人)の場合、よくホームレスからタバコを求められます。あまり仲良くならない様にした方が無難です。

服装について

カルガリーの冬は日本で売っている防寒具は通用しません。見た目やオシャレは無視して現地で防寒具を揃えましょう。-35℃を経験してからでは、遅いので現地の人や天気予報をマメに見ておきましょう。

時差ぼけについて

日本からカナダに行くと、時差ぼけがしばらく続いてきついです。事前に時差ぼけ対策をしておきましょう。

夏時間、冬時間

カナダやアメリカには夏時間と冬時間がありますので事前にチェックをして遅刻等に備えましょう。

動物

スカンク、グリズリー、クーガーはもちろんなんですが、アライグマ、トナカイはゴロゴロいますので、あまり刺激しないようにしましょう。シカの交通標識をみたら、道路でクラクションはあまり使わない方がいいかもしれません。

麻薬中毒者と売春婦

麻薬ではクリミナルレコードがつかないので、ある程度までは合法という形になります。(BC州だけ?)

またカナダでは売春は違法ではないため、性病が横行しています。学生の頃から性ビジネスに馴れているため、童貞も少ないそうです。もし美人に声をかけられる事があっても、疑った方が安全です。

とはいえ、他の国よりも遥かに安全ですので、日本にいるときの100倍くらい気をつければ、かなり快適だと思います。
それでは、have a nice trip!

(Photo by 著者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20120529191020 4fc4a08c562b3
  • 20120529191912 4fc4a2a0b58f8

本記事は、2012年05月29日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る