生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon childcare育児・教育

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6. 離乳食はまとめて作って冷凍!野菜たっぷりスープ煮

離乳食はまとめて作って冷凍!野菜たっぷりスープ煮

2012年09月27日更新

 views

お気に入り

はじめに

離乳食、食事時にいちから作るのでは身がもちませんよね。まとめて作って冷凍保存しちゃいましょう。ここでは圧力鍋を使った野菜スープ煮を紹介します。簡単であっという間ですよ。

筆者は子どもの離乳食期に職場復帰していましたが、これを土日に作っておくことで大変助かりました。

野菜スープ煮の作り方

和風、洋風どちらもできます。作り方はほぼ一緒です。

材料

和風の場合:大根、にんじんをベースに、白菜、いんげんなど。
昆布でだしをとります。量はお好みで。2、3枚が目安です。

洋風の場合:キャベツ、にんじんをベースに、セロリ、トマト、いんげんなど。こちらは野菜の味だけで美味しいです。

量は、鍋の容量をオーバーしない程度に。

圧力鍋は大きさのわりに許容量が小さいので気をつけましょう。

作り方

STEP1 材料を切る

大根、にんじんは乱切りに。火を通したあと食べやすくするので、ここでは大きくて大丈夫です。

キャベツ、白菜、いんげん等の野菜は火を通したあとだと小さくしにくいので、あらかじめ子供が食べやすい大きさに切りましょう。

だし昆布ははさみで切り込みを入れておきます。

STEP2 煮る

鍋に材料を入れたあと、水を入れ火にかけます。

圧力鍋の場合、水分がとばないので具が3分の1浸っていれば大丈夫。野菜から出る水分でちょうどよくなります。

加熱は加圧状態(段階がある場合は最高圧力)にしたら、1分キープしてください。火をとめたあとは自然放置し圧力が抜けるまで待ちます。

STEP3 食べやすい大きさにする

スープから具をすくってボール等にとり、食べやすい大きさにします。

月齢が小さいうちは、マッシャーでつぶします。かたまりが食べられる月齢なら、木ベラやスプーンでざっとカットします。

STEP4 小分けにして冷凍する

1回分ごとに小分け容器で冷凍します。スープも適宜入れましょう。月齢が小さいうちは製氷皿を使用+氷をジップロック保存するのも便利です。

1回分の具とスープのバランスは月齢に合わせて調節してみてください。スープも栄養たっぷりなので、製氷皿+ジップロック保存で活用してくださいね。

おわりに

いかがでしたか?是非上記の方法で気軽にトライしてくださいね。

野菜や水の量、火加減などは、鍋や火力によって違ってくるので、各ご家庭で作りやすいようにアレンジしてみてください。

本記事は、2012年09月27日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る